最高財務責任者(CFO)って何?

最高財務責任者(CFO)をご存じですか。
日本ではあまり聞き慣れない言葉ですが、欧米では一般的な役職です。
日本では経理部長という立場が似たものとして認識されていますが、実際は異なる点があります。
今後、今まで以上に注目されるCFOについてご紹介します。

1.CFOとは

CFOは、Chief Financial Officerの略称で、「最高財務責任者」と訳されています。
CFOは、財務に関する業務だけではなく経営にも大きく関わっています。
そのため、経営に関する知識も必要で、そこが経理部長と大きく異なるポイントです。
財務状況を把握することは当然として、社長のパートナーとして財務戦略を立てていきます。
その際には、会社の経営状況にどのような変化があるか判断できることが求められます。
日本では財務部長は一つの部門の責任者という位置づけですが、欧米ではCFOは経営陣の一員として扱われています。
欧米では経営者として最高経営責任者(CEO)と並びCFOはそのステータスが確立されています。

日本の企業は今後、ますますグローバル化が進みます。
時価会計、連結会計、キャッシュフロー会計といった、透明性を要求されるような国際会計基準の導入が進んでいます。
その際、世界で広く認識されているCFOについて正しく理解しておくことが欠かせなくなります。
海外の企業と財務戦略等、やりとりができるCFOにあたる人材が日本の企業にも必要となってきています。

2.CFOに求められる能力

CFOは経営陣の一員ですので、財務状況に関する知識だけでなく、経営に関する知識が必要となります。
CFOは財務戦略を経営戦略に取り込んでいき、マネジメントをしていく役割を担っています。
財務部長や経理部長と似たようでありますが、別のものとして認識して、人材を確保します。

(1)経営知識

財務部長は会社の資金状況を把握しています。
会社資金の状況を把握し、管理し、経営陣に報告するという役割を担っています。
ところが、CFOの場合は、財務状況を把握するだけではなく、自ら市場の状況を判断し、資金計画を経営陣に打診します。
経営陣の視点で、自社をとりまく環境を把握し、資金用途を決定するという役割を担っています。
そのため、経営陣としての知識が重要視されます。

(2)財務戦略立案

財務部長は、会社の資金を把握し、損益のデータを管理しています。
一方、CFOは、財務状況のデータをもとに、その収支結果の原因分析と改善策を考えます。
そのため、経営に関する知識と、これまでの経験が求められることになります。

CFOとして財務戦略を立案・遂行する際には、企業会計(経理)として、企業活動の結果として収支を正しく記録します。
それに加えて企業財務として企業活動のパフォーマンス向上、将来のキャッシュフロー・資金効率の向上、資金関連の投資やリスクマネジメントを行います。
つまり、単なる資金調達ではなく、資金を投下し、資産から生じる将来のキャシュフローを最大化できるよう、企業活動の総合的なオペレーションや数字を使ってマネジメントします。

(3)社長のパートナーとなれる経営力

繰り返しになりますが、CFOは経営陣の一員です。
会社の資金や収支データを管理するだけではなく、原因を分析し、解決策を考えることができる能力が求められます。
資金計画においても、自ら経営に与える影響を判断し決定をしていきます。

このように財務計画を作成していくのですが、市場の変化や、社内の変化を考慮するための知識や経験が求められます。

(4)コミュニケーション能力

CFOは会社の経営陣の一員です。
そのため、CFOは取引先や、社長をはじめとする経営陣とのコミュニケーション能力が必要です。
もちろん、財務に関する決定権を持っていますから、リーダーとして周囲と接するコミュニケーション能力も必要です。

CFOとして計画を説明したり、意見を具申できなくてはいけません。
そして、その際に欠かせないのが財務という専門領域を相手に理解していただけるように説明できる能力も欠かせません。

3.CFOになるために資格は必要か

それでは、これから日本でCFOとして活躍していこうとした場合、何か必要な資格があるのでしょうか。
基本的な経理業務などの知識がもちろん必要なのはわかりますが、資格があった方が、バランス良く必要な知識を習得することができそうです。

おすすめの資格として「FASS検定」と「CFO資格」があります。

(1)FASS(経理・財務スキル検定)

経済産業省は、経理・財務部門の組織・人員配置の最適化・人材の円滑な移転を促進するための共通基盤として「経理・財務業務マップ」を2003年に公表しました。
翌2004年には「経理・財務サービス・スキルスタンダード」の開発を行い経理・財務人材育成事業を展開してきました。
経済産業省からの委託を受け、一般社団法人 日本CFO協会がこの「経理・財務サービス・スキルスタンダードの普及促進」を手掛けて取り組みをしてきました。
2005年11月にこのFASS検定はスタートしました。

その後、内部統制への業務領域拡大への取り組みが行われ、2009年からはグローバル経理・財務人材育成への取り組みが行われています。

(2)CFO資格認定

FASSと同じく日本CFO協会が行っている認定制度になります。
CFO資格は、そのグレードとジャンルによって4つの資格に分かれています。
そのうちの基本コース(スタンダードCFO資格)は、経済産業省の「経理・財務サービス・スキルスタンダード」に完全準拠しています。
FASS検定でレベル「A」を取得すると認定されます。

その他、上位から、ジェネラルCFO資格、プロフェッショナルCFO資格、グローバルCFO資格とあります。

まとめ

CFOは財務部長と異なり、とても重要な業務を担当し、経営陣の一員としての権限もあります。
財務部門を統括するだけではなく、経営に関しても大きな役割を果たす役職であることがご理解いただけましたか。
社長のパートナーとして、会社経営に関する知識、経理財務に関する深い知識、これまでの経験、コミュニケーション能力を発揮し、経営に関わります。
刻々と変わる市場環境に対応できるよう、状況を判断し、財務戦略を作成できるCFOが今後、日本の企業の中でも求められていきます。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!