信用金庫から融資を受ける方法とは?

創業時等、初めて融資を受ける場合には、日本政策金融公庫か信用金庫から融資を受けることが多いです。
そこで、ここでは信用金庫で融資を受ける場合の手順について、ご紹介します。

1.信用金庫とは

そもそも信用金庫とは、何でしょう。
日本政策金融公庫よりは、身近に感じる人も多いかもしれません。
同じ金融機関だとしても経営理念の違いで特徴が異なります。
例えば銀行は株式会社ですから、株主の利益が優先されます。
また、大企業を含む全国の企業等と取引ができます。
信用金庫の特徴は以下のように全国信用金庫協会は定義しています。

「信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。」

引用:一般社団法人全国信用金庫協会 WEBサイト 信用金庫とは

地域の繁栄というところが大きく、営業地域が一定の地域に限定されているという特徴があります。
信用金庫法にて、事業者の場合は従業員300人以下または資本金9億円以下の事業者でないと取引ができません。

それでは、信用金庫で融資を受ける手順をみていきましょう。
信用金庫は地域密着で中小企業・個人対象だとしても、全員が融資を受ける事ができるとは限りません。
信用金庫に融資を申し込む際には、たいていの場合、信用保証協会経由を求められますので、その手順をみていきます。

2.信用金庫に保証を申し込む

信用金庫に融資を申し込む際に、公的機関である信用保証協会に保証を申し込みます。
その方法には、信用金庫経由で申込みをする方法と、信用保証協会に直接申込みをする方法とあります。
信用金庫を経由して申込みをすることが多くなっていますので、ここでは、信用金庫経由で申込みをする場合についてご紹介していきます。

まずは、信用金庫は取引できる営業エリアが限定されていますから、最寄りの信用金庫の窓口で信用保証の申込手続をします。
その際は、いきなり窓口に行くのではなく、あらかじめ電話で予約してから訪問しましょう。
担当者が不在の場合もありますし、地理的に近い窓口であっても営業エリア外であることもあります。

信用金庫が、融資が可能だと判断した場合には、必要な書類を信用保証協会に提出してもらうことが可能となります。
その際、必要となる書類は次のようなものです。

①創業前の場合

・事業計画書
・印鑑証明書
・事業に必要な許認可書又はその写し
・自己資金等が確認できる書類
・借りる物件の賃貸契約書のコピー(店舗、事務所等)
・支出した金額が確認できる領収書等のコピー
・借入がある場合、返済予定表のコピー

②創業後の場合

・事業計画書
・印鑑証明書
・事業に必要な許認可書又はその写し
・決算書3期分(3期経過していない場合は、経過分のみ)
・法人の場合は登記事項証明書、個人の場合は個人事業の開廃業等届出書

まったく取引のない信用金庫である場合、本人確認の必要がありますので、運転免許証など本人確認書類を持参します。
持参する事業計画書は、信用金庫の担当者と完成させることも珍しくありません。
アドバイスを受け、精度の高いものにしていきます。
その他、業種や審査によって必要な書類があることがありますので、指示に従い準備します。

3.信用保証協会の審査・承諾

申込み後、信用保証協会により、融資を行ってよいかどうか審査が行われます。
その審査の過程においては、事業を行おうとする場所の訪問や面談を行う場合もあります。
信用保証協会が融資を行ってもよいことになれば、信用金庫に信用保証書が発行されます。

4.融資実行

信用保証書に記載された条件で、信用金庫から融資を受けることができます。
基本的には、信用保証協会の審査を通れば、融資を受けることができます。
その際、信用保証協会に金融機関経由で信用保証料を一括で払います。
信用保証料の料率は、中小企業・小規模事業者の財務状況を考慮し、原則として9つの区分から適用されています。
そういった費用が必要であることも知っておいてください。

5.融資を受けられない場合

残念ながら信用金庫の融資を受けられないと判断されることもあります。
その際は、信用金庫の支店と、信用保証協会とどちらの審査を通らなかったのかで、今後の対策が変わってきます。
信用金庫の支店で融資できないと判断された場合は、別の金融機関で融資が受けられる可能性もあります。
しかし、信用保証協会の審査を通らなかった場合は、別の金融機関から融資を受けられない可能性も非常に高いです。

6.信用金庫で融資を受けられる可能性を高めるためには

創業時や創業から間もない法人や、個人事業主がもっとも融資を受けやすいのは、日本政策金融公庫です。
信用金庫で新規で融資を受けようとすると、融資の実績がありませんから、きちんと返済してもらえるか、審査も慎重となります。
最初に日本政策金融公庫で融資を受けておけば、いったん、融資を受けることができると評価されているということですから、信用金庫からの融資も受けることができる可能性が高くなります。

まとめ

信用金庫から融資を受ける手順をみてきました。
信用金庫の融資の特徴を知っておくことで、資金調達の選択肢が広がります。
いきなり銀行に向かうのではなく、地域の中小・個人のために営業している信用金庫という存在を活用することも検討できます。
また、よりスムーズに融資を受けることができるよう、ポイントを押さえ、計画的に融資の実績を積んでいくことが欠かせません。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!