日本政策金融公庫の追加融資とは?その特徴は?

日本政策金融公庫では、1度目の融資の返済中でも2度目の融資を受ける追加融資ができるのですが、あまり知られていません。
ここでは、日本政策金融公庫の追加融資と、その特徴について説明していきます。

1.追加融資とは

追加融資というのは、その名のとおり2度目以降の融資のことを表しています。
これは、1つの事業についての2度目以降という意味です。


そのため、同じ事業主であっても、複数の事業を行っていて、他の事業で2回目以降の融資を受ける場合は、追加融資にはあたりません。
追加融資の場合は、既に事業を始めていて融資を申し込むわけですから、審査は実績が重視されます。

2.日本政策金融公庫で追加融資を受けるためのポイントは

(1)融資の返済状況

借りたお金をきちんと返していることが当然、重視されます。
とはいっても、それまでの融資の返済で延滞があったら、もう日本政策金融公庫で融資を受けることを諦めないといけないというわけではありません。


一派的に融資で延滞があると、その後、融資を受けることは難しくなります。
ただ、その延滞の理由が正当なもので、なおかつ完済していれば、追加融資を受けることができる可能性があります。


完済したという点は、評価されますので、とにかく完済するということが大事です。
ということは、1回目の融資申込みの際に、無理なく返済できる融資額を設定し、事業計画を立てておくことが重要になります。

(2)決算書(確定申告書)を作成している

追加融資の場合、法人の場合は決算書、個人事業主の場合は確定申告書を作成し、提出する必要があります。
こういったことがきちんと行われていることと、さらに利益が出ていることが追加融資を受ける際のポイントとなります。
その実績から、融資ができるか、またどのぐらいまで融資が可能か判断されます。


事業がスタートしてからの融資の申込みですから、業績が大きな判断材料となります。
売上の伸びが計画書どおりか、無駄な経費支出はないか、利益は計画どおりかといったことがチェックされます。
決算を1度も迎えていないような状態では、融資を受けることは非常に厳しいです。

(3)税金を納めている

融資の申込みの際は、個人事業税や法人税など、対象となっている場合は、領収証の提出の必要があります。
各期の申告を法令どおりに行って、納税します。


そもそも、税金未納の場合は、融資の要件を満たしていませんので、追加融資を受けることはできません。
税金を納めてから追加融資を申し込みます。

(4)追加融資のタイミング

追加融資を受ける場合には、その申し込むタイミングが重要になります。
当然、日本政策金融公庫は、1度目の融資の返済状況を確認します。
もともと、日本政策金融公庫で創業融資を受けた場合、設備資金で最大15年、運転資金で最大7年と、返済期間が長めです。


そのため、完済してからということになると、追加融資はなかなか受けることができません。
そこで、1度目の融資を返済しながら、2度目の融資を申し込むことになります。


申込みが可能になる目安としては、1度目の融資の返済総額の3割を返済していることが、目安となります。
また、上で説明したとおり融資の判断として、決算書が重要になってきますから、1年目の決算書を作った後ということになります。

(5)融資が必要である、明確な理由

事業を行っていると、想定よりもうまくいって追加の運転資金が欲しいという状況になったり、追加の設備が必要になったりと、実は、創業融資から1年経過したあたりから追加融資を検討する事業主の方が結構いらっしゃいます。


こういった前向きな理由なら、追加融資を申し込む場合は、説明もしやすいですが、資金繰りが苦しくなって、追加融資を申し込むとなったら、どうでしょうか。


返済してくれそうにない人には、実績があったとしても、お金はなかなか貸してもらえないということになってしまいます。
資金繰りが苦しくなった理由、そして資金が必要な理由がきちんと伝わる書類を作成していくことが非常に大事になります。

3.追加融資のメリットとデメリットとは

追加融資のメリットは、事業活動に不可欠な資金を調達することで、経営が安定するということです。
ある程度、手元の資金がある状態でなくては、身動きがとれなくなっていきます。
というのも、売上が順調にあったとしても、売掛金の入金タイミングがずれてしまえば、仕入先へ買掛金の支払い、経費の支払い、給与支給等ができなくなる恐れがあるからです。

それでは追加融資のデメリットはというと、借金が増えることだと考える方が多いです。
ただ、家計に置き換えて考えて見ると分かりやすいのですが、借金の無い状態というのは、珍しいのではないでしょうか。


住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、クレジットカードの支払いなど、計画的に借金をしながら生活しています。
そのため、借金が増えるということは、必ずしもデメリットばかりではありません。


低金利で融資を受けることで、事業を大きくしつつ、キャッシュフローに余裕もできます。

まとめ

日本政策金融公庫では、融資の返済中であっても追加して融資を受けることができます。
追加融資で、経営が安定しますし、新たな設備投資、仕入等を行うことで、事業の拡大そして収益の拡大がかなう可能性もあります。
上手に制度を利用していきましょう。

日本政策金融公庫の設立の目的からしても、事業者が事業を成長させていくことを支援していこうとしています。
資金繰りに余裕がなくなり、ついに倒産なんてことになっては、元も子もないですから、積極的にチャレンジしていきましょう。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる