商売ネタをうまくキャッチして、事業に成功するコツとは?

起業したいけど、商売のネタがうまく見つからないことは結構あります。
やりたいことがあるけど具体的なイメージができなかったり、他との優位性を出せなかったり、アイデアが欲しいと思っていらっしゃる方も多いと思います。
そういった場合、リスクの低い商売から着目していくと、実現可能なアイデアにつながりやすいです。


そういった自分の事業につなげていきたいネタのキャッチのコツについてみていきます。

1.事業化できるアイデアの要素

既に事業をされている場合でも、これから起業する場合でも、商売のネタは欲しいものですが、どのようなものでも良いかというと、そうでもありません。
それなりの売上があり、利益が見込めないと意味がありません。


これはいける!と思うアイデアが浮かんだら、確認して欲しいポイントがあります。
それは、(1)商品・サービス、(2)ターゲット、(3)マーケティング戦略の3つです。 この3つがそろわなければ、売上が確保できず、事業が失敗してしまいます。


どんなに良い商品やサービスであっても、お客さんが確保できなければ、売上がたちませんから、商売として成り立たないです。
この3つポイントを揃えることができるアイデアであるかをよく吟味します。

(1)商品・サービス・・・どのような商品(サービス)か。
(2)ターゲット・・・どのような顧客層か。商品・サービスを必要としているのは誰か。
(3)戦略・・・どんな方法で顧客獲得するか。どうやって販売するか。

最初に考えたアイデアでこの3つが揃っていなくても、視点を変えてみれば揃うかもしれません。


取り扱いたい商品やサービスは何で、誰に向けたものか、そしてそれを誰が、どんな人が提供するのか。これだけでも選択肢が大きく広がります。

また、市場や競合の分析も欠かせません。それが求められていて、売れる可能性が十分あり、競合がなければ、成功する可能性が高くなります。
こういったことを考えていくと、なぜ、そのビジネスを始めようとしているのかが、具体的になっていきます。

2.リスクの低い商売を考える

別の面からも事業のやり方についてみてみましょう。
実は、リスクが高い商売、つまり難易度が高い商売は、起業のアイデアとしては避けた方が無難です。


リスクが高くなる要素としては、①在庫が必要、②維持費が高い、③利益率が低い、④初期投資が多い、という4つがあります。


ということは、飲食店や雑貨屋はこれらの複数項目で当てはまってしまいますから、避けた方が良いということになります。
これらの要素を回避していくことで、成功する確率が高くなります。

①在庫が必要

どうしても在庫が必要な事業であれば少量からスタートします。
受注生産が可能な業種であれば受注生産とします。
できる限り在庫を持たないような商売を考えます。

②維持費が高い

事業を始めてから売上が増加し、事業が軌道に乗るまで売上より支払いの方が多い状態となってしまいます。
事業が軌道に乗るまで持ちこたえられず破綻してしまうケースもあります。
維持費がかからないよう、かかっても最小限に抑えられるような商売を考えます。

③利益率が低い

同じ売上金額だとしても原価が高ければ、それだけ利益が低くなります。
原価が高ければ、そこにさらに人件費や、固定費がかかり、利益はほとんどなくなります。


そして、仕入をしなければ、次の販売ができませんから、資金繰りが苦しくなっていきます。
飲食店は特に原価や固定費が高い業種です。
かといって、薄利多売の商売は、かなり資本力のある規模の大きな企業でなければ難しいですから、資本を必要とせず、安定して利益を見込める商売を考えます。

④初期投資が多い

事業を始めるために多額の初期投資が必要であれば、それを回収するまでに時間がかかってしまいます。
そのため、さらに運転資金が必要となり、事業が安定するまでに破綻してしまう可能性方各なります。


お金をかけて事業を始めて失敗してしまうというのは、多額の負債を抱え、再スタートもしづらくなりますから、なるべく初期投資をかけずに始められるような商売を考えます。

3.UPSを考える

ここまで見てきて、失敗しやすい要素を避けて商売のネタをみつけて、自分の事業を考えていこうとすると、自分のやりたいことが、どれも実現不可能になってしまいそうです。


そうしたときに使える方法がUPS(ユニーク・セリング・プロポジション)を考えるという方法です。
自社の特徴と強みから、お客さんが得られるメリットを考えていくという方法です。


どのようなお客さんに、自社の商品やサービスの特徴・強みについて、どうやってメリットを感じてもらうか、具体的に考えていきます。


これが具体的で分かりやすいほど、お客さんの反応も良くなります。
結果として、そういった商品やサービスは売上を伸ばしていきやすくなります。
意外とシンプルに、いいなとか、これが欲しかったと思ってもらえるような事業を考えることができれば、あとは順調にいきます。


このUPSが明確であれば、事業計画や必要な準備に迷うことがありませんし、資金調達においても具体的で説得力があるので、融資も受けやすくなります。
また、お客さんに対して伝えたいメッセージが明確になっていて、誰にどうやって届けるかも具体的ですから効果的なマーケティングや集客が可能となります。

まとめ

日常生活や、仕事をしている中で、商売のヒントを得ることもあると思います。
最近ではSNSからもそういった商売のネタを見つけやすくもなりました。
それを実現させる際に、考えたいポイントをご紹介しました。


失敗しやすい要素を避けるか、回避策を持っておくことで、成功する確率を高くすることができます。
商売を成り立たせるためには、商品、ターゲット、マーケティング戦略という3つの要素が揃っていることが欠かせません。


そして、失敗しやすいといわれている、在庫をもつ、利益率が低い、維持費が高い、初期投資が多いというポイントは、できるだけ避けるようにします。


そして、最後にご紹介したUPSを考えることで、事業化できる余地があるのか、見極めることが重要です。
いける!と思ったビジネスのアイデアも、そのまま突っ走るのではなく、一呼吸おいてこれらの点をふまえてしっかりプランを練ってから実行に移していきましょう。


その方が短時間で準備が整い、起業してから事業が成功しやすくことなるでしょう。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!