日本政策金融公庫の融資に失敗する傾向と対策

日本政策金融公庫で融資の申込みをするなら、当然、失敗をしたくないです。
一度失敗してしまうと、その記録が履歴として残ってしまいます。


そうなると当然、次に融資を申し込む際に、履歴を確認されて融資が通りにくくなる可能性も考えられます。
これまでに融資に失敗された方の傾向を知り、対策を考えていきます。

1.過去に経験がない

創業しようとして融資を申し込む際に、過去にその業界での勤務経験なり、必要な資格を取っている方が多いと思います。


そういった経験や資格を生かして、独立するための融資を申し込むという流れであれば融資も通る可能性は高くなります。


その逆の場合どうでしょう。
例えば、カフェを開業したいと融資を申し込んでいるが、過去に勤務した経験もなく、経験のある共同経営者がいるわけでもないという場合です。


ブームに乗って、注目されている食材を使えば成功するとか外側から見える世界だけで判断して起業しようとすると失敗する可能性が高いと判断されます。


こうした場合、経験がないことから、融資を断られる可能性が高いです。
半年でもその業界で経験を積んでおくと良いでしょう。

ただ、過去に経験がなくても融資が受けられる場合があります。


それはフランチャイズの場合です。
未経験者でもできるように、本部の支援があり、マニュアルもありますから、経験がなくても融資を受けやすくなります。

2.自己資金がない

融資を受けるには、ある程度自己資金が必要です。
自己資金が全くなかったり、あまりにも少ない場合は、準備不足と判断されてしまい、融資が通りにくくなります。


こつこつと計画的に貯蓄できることが経営者に必要な資質だと考えられているためです。

こうした場合、両親や友人に出資してもらうと融資を受けられる可能性があります。 とはいえ、まったく貯蓄がない状態では、やはり難しいです。


初期投資や運転資金にもよりますが、100万円程度、貯蓄があることが望ましいです。

3.計画性がない

なんとなくとか、はやっているから自分もと、やってみようかなという軽い気持ちで融資を申し込んでも、見透かされます。


そういった場合、準備も十分できていませんから事業が成功しないと判断され、融資は通りにくくなります。
収支計画ができていないと資金繰りも行き詰まると判断され融資は断られます。


自分のやりたい業界の特徴をよく知り、市場調査もしっかりして、売上と利益がちゃんと出るビジネスモデルであることを論理的に説明できる必要があります。

4.信用情報がブラックである

クレジットで支払に遅延があるなど信用情報がクリーン出ない場合は融資を断られる可能性が高くなります。


融資をしても事業ではなく、自身の生活費や返済に充てられると判断されてしまいます。
資金の管理ができることも経営者に必要な資質の一つと見られています。

ただ、例外もあり、過去にクレジット事故があったとしても、それから数年経過しており、ここ数年は問題ない実績があれば、融資を受けられる可能性もあります。


クレジット事故が起こった理由が説明でき、立て直していれば評価してもらえます。

5.水道光熱費や家賃の支払いに遅延がある

こちらも信用情報と同様、資金管理ができるかどうかを重視しています。
融資をしても返済してもらえなくなるリスクがあるため、水道光熱費や家賃の支払いに遅延があると融資を断られる可能性が高くなります。


融資を受ける予定があるのであれば、遅延しないよう、銀行引き落としにするなど、対策をしてください。

6.自己資金が見せ金である

自己資金がないからと、見せ金をしてしまうと、ほぼバレます。
通帳や信用情報でお金の流れを見ていますからごまかすことはできません。


見せ金がばれてしまうと、今後、融資を受けることができなくなるほどのリスクがあります。

7.利息が高い金融機関からの借入がある

消費者金融や、カードローン等、ローンを利用していて返済中の場合は、融資を受けることはできません。


通帳に残高があったとしてもそれよりローンの金額の方が大きければ、自己資金がないものと判断されます。
融資を受けようとする前までに計画的にローンを完済しておきましょう。

8.面接の態度が悪い

日本政策金融公庫の面接は1度しかありませんから、その場での印象は、審査結果に大きく影響します。


担当者によっては、厳しいことを言うかもしれませんが、融資を通そうとしてくれている味方だと思ってください。
相性が悪いと思っても、キレたり、ぞんざいな態度をしないように気を付けます。

9.準備不足

日本政策金融公庫は、基本的には、個人事業主や中小企業を支援する公的機関です。
だからといって、準備しないで窓口へ行くことはおすすめできません。


コンサル機関ではありませんから、他の専門家に相談するなど、しっかり準備をしてから融資を申し込みます。

10.相談相手を間違える

税理士など、士業の方であれば誰でも日本政策金融公庫の融資に詳しいとはかぎりません。 きちんと日本政策金融公庫の融資について知っている専門家のアドバイスを受けます。


中小企業庁のWEBサイトでも認定支援機関として登録されているかどうかで確認できます。


また事前に実績を確認すると良いでしょう。
正しい情報を持っている人にアドバイスを受けて準備をします。

まとめ

日本政策金融公庫で融資に失敗する傾向と対策を見てきました。
いずれもある程度準備に時間が必要であることが分かります。


準備不足では、事業が成功する確率が限りなく低くなりますから、融資も受けにくくなります。
早めに、あらゆる面から準備をしていく必要があります。
思いつきや勢いで起業できるというものではありません。


事業を始める前からつまづいてしまうことのないよう、時間をかけて準備をすることが結果的に早く事業を軌道に乗せることができます。


もちろん、ここで紹介した融資を受けられない傾向に当てはまったとしても絶対に融資が無理だというわけではありません。


専門家を経由することで融資を受けることができる可能性もありますから、本気で起業したいのであれば、諦めず準備をしていってください。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!