信用金庫や信用組合から融資を受けるには?

創業時など、事業用資金の融資を信用金庫や信用組合から受けることを考える方も多いと思います。


ここでは、信用金庫や信用組合から融資を受けるために知っておいていただきたいことを説明していきます。


信用金庫とか信用組合は、街中で見かけることも多いですし、日本政策金融公庫よりも身近に感じるのではないでしょうか。


名前に馴染みがあっても、実際その特徴というのは、市民として生活している分には、分からないものです。
それぞれの特徴から見ていきましょう。

1.信用金庫とは

信用金庫というのは、営業する地域が限られています。
地域密着で、その地域の中小企業や個人事業主を対象としています。


対象とする地区の中に住んでいる人、働いている人、事業所が対象です。
対象の地区以外であれば口座を作ったり融資を受けたりということができないのです。


対象の企業も従業員が300人以下または資本金が9億円以下と限定されています。

というわけで、地域の中小企業や個人事業主が対象ということになります。

そうしたことから、創業時や初めて融資を利用される方に向いている金融機関です。
信用金庫では、担当の方が対応をしてくれます。


定期的に訪問もしてくれますから、窓口でおこなう振込等、各種手続きを出向かなくても、自分のオフィスでもできます。


そこで働いている人も対象ですから、従業員の方の定期預金の契約や各種手続きといったことも自社内で手続きしてくれたりします。


従業員にとっても、日中、限られた休憩時間で窓口へ手続きや申込みに行くことが難しいですから、とてもありがたい存在です。

2.信用組合とは

信用組合というのは、組合という名前がついていることから、組合員を対象としています。


組合員の相互扶助を目的としていて、特定の業種、業界を対象としていることもあります。
信用金庫に比べて対象が限られています。


そのため、問い合わせをした時点で業種が対象外だと、お断りをされることもあります。


信用組合は、日本全国ほぼ全ての地域を網羅しているのですが、信用組合がない地域もあります。

3.融資を申し込む場合の金融機関の比較

信用金庫と信用組合は、名前は似ているのですが、このように違いがあります。
信用金庫、信用組合はいずれも中小企業や個人事業主を支援しています。
そこが銀行と大きく異なります。


銀行は株式会社ですから、株主の利益が優先され、銀行は大企業を含む全国の企業と取引ができます。


地方銀行によっては、地域の中堅企業や中小企業に融資をしていることもあり、自己資金がしっかり準備ができ、事業の将来性が地域経済の発展に貢献していると認められれば可能となるでしょう。


ということで創業時であれば銀行では、融資を断られることが多いですし、信用組合は組合員を対象としているので、融資を申し込むことは難しいです。

創業時の融資となると、日本政策金融公庫か、地域密着の信用金庫が融資を受けやすい金融機関です。

4.日本政策金融公庫と信用金庫の違いとは

融資を申し込む候補が2つに絞られたところで、それぞれの特徴をみていきましょう。

(1)日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、政府が100%出資している金融機関です。
中小企業や個人事業主を支援することを目的としていますから、有利な条件で融資を受けることができるようになっています。


無担保・無保証人の制度があったり、条件を満たせば有利な金利が適用されるといった点は、他の金融機関に比べて非常に有利になっています。
日本政策金融公庫では融資の審査は独自に行い、審査を通れば、融資を受けることができます。

(2)信用金庫

こちらも、地域の中小企業や個人事業主を支援することを目的としています。
そして、信用金庫は、会員の出資による協同組織の非営利法人です。


信用金庫は、融資を申し込んだ際に、信用保証協会を経由するよう、信用保証協会を紹介されます。
信用保証協会で融資をしても良いと判断されれば、信用金庫から融資を受けることができます。


信用金庫が日本政策金融公庫と比べて、優れているのは、融資後のフォローアップが手厚いということです。


融資のハードルは日本政策金融公庫よりやや高いのですが、一度融資を受けると担当者がついてくれて場合によっては経営等のアドバイスを受けることができます。

(3)日本政策金融公庫と信用金庫の大きな違い

この2つの金融機関の大きな違いは、融資を申し込んでから融資を受けられるまでの期間です。
日本政策金融公庫の場合は、申込みから1カ月から1カ月半で融資を受けることができます。


それと比較して、信用金庫では、信用保証協会を経由する時間がかかりますから、融資を申し込んでから2カ月から3カ月時間がかかります。
そのため、日本政策金融公庫で最初の融資を受ける方がすすめられています。

もちろん信用金庫でも、プロパー融資といって、信用保証協会を通さない融資を受けることもできます。


ただ、相当利益がでているか、相当実績のある企業でないとこのようなプロパー融資はできません。

事業は継続して行っていくものですから融資も一度きりではありません。
ある程度、事業が軌道にのったら、信用金庫と良い関係を築いていくことも検討していかれるといいでしょう。

まとめ

信用金庫は、地域密着で、中小企業や個人事業主の味方ですから、取引をしておくことはおすすめです。


初回の融資は、日本政策金融公庫が利息も低くおすすめされています。
まずは、日本政策金融公庫の融資を検討してください。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!