会社名のつけ方の基本と注意点を知っておこう

創業を決意したら、絶対に決めるもの「会社名」。
会社名というのは、法律上は「商号」と呼ばれています。


商号を決めることができなければ、創業できません。
とはいえ、会社名はどのようなものでも自由につけることができるのでしょうか。


考え抜いて決めたものの、それが会社名として使えないものであっては何にもなりません。
会社名の決め方について知っとくべきことを、ここで見ていきます。

1.会社名を決める

会社名はものすごく大切なのは、皆さんもご理解いただいていることだと思います。
覚えやすいものがいいですし、会社のイメージも左右します。
会社の業績すら左右するかもしれません。

会社名を決めないことには創業できません。
会社名は自由に決めることができますが、そこには最低限の守るべきルールがあります。
そのルールを順に見ていきましょう。

2.会社名を決めるために守るべきこととは

(1)文字の制限

会社名に使用できる文字の種類は会社法6条に定められています。
・漢字
・ひらがな
・カタカナ
・アルファベット大文字・小文字
・数字
・一定の符号
こうして見てみると、ほぼ自由に文字を使うことができます。
ただ、符合において使うことができないものがあります。
例えば、「」や()、βといったギリシャ文字などです。

(2)会社の種類をつける

同じく会社法6条にて、会社名には株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の種類に応じてそれぞれ会社名につけなければならないことになっています。


よく前株、後株と言われるように、その会社の種類は前につけても、後ろにつけても大丈夫です。
例えば、株式会社で会社名が「555」だとしたら「株式会社555」もしくは「555株式会社」となります。

(3)同一の住所に同じ会社名は使えない

1つの住所に同じ会社名を2つ以上登記できないことになっています。
そういったことは、あまりなさそうに思えますが、実は、最近はバーチャルオフィスを利用されている方も増えて来ているので、注意が必要です。


バーチャルオフィスというのは、実際の事務所を借りるレンタルオフィスと違い、住所や電話番号などをレンタルできるサービスを利用することで、すでに同じ名前の会社が存在している可能性もあります。
事前に確認することが欠かせません。

(4)有名な会社と同じ名前

誰もが知っている有名企業と同じ名前をつけることは避けた方が良いです。
その名前を利用して不正に利益を得ようとしていると判断され、損害賠償を請求されるリスクがあります。


また、その会社名が商標登録されていれば、同じ住所でなくても、使用することはできません。

3.会社名を決めるポイント

会社名を決めるときに考慮すると良いポイントがありますのでご紹介します。

(1)会社名の由来がある

会社名の由来は結構聞かれる場面があります。
そこには創業者の思いが凝縮されています。
会社名を覚えてもらえるよう、しっかりとその由来を語ることができることが会社の発展にもつながります。

(2)会社名が呼びやすい

会社名は、呼びやすいものが良いでしょう。
これから自己紹介で名乗ったり、電話で告げたり、自分が読み上げやすいことも重要ですし、取引先の方にとっても、敬称をつけて呼んだ際に違和感がないものとしておきます。


何と読んでいいか分からない会社名では、もしかしたら問い合わせようにも、名前を間違えても失礼だからと見込みがあったのに、敬遠されるかもしれません。

(3)ドメインが取得できる

インターネット上の戦略も欠かせません。
自社名のドメインが取得できることが、ますます重要なポイントとなっています。


事前に、ドメインが取得可能であるか、候補の会社名で検索して確認しておきます。


会社名とドメインは一致していることがスタンダードになっていますから、全く違うと違和感を持たれてしまいます。

(4)会社名とサービス内容が一致している

一つの事業をするのであれば、サービスや商品の名前を会社名にすると、強いアピールをすることができます。


ただ、ここで注意が必要なのが、一つの事業だけではなく、複数の事業をする予定がある場合はあまりにもその印象が強いとマイナス要因になるかもしれません。

(5)外国でも通用する

すぐに海外進出をしようと考えていないとしても、海外で通用する会社名であることが望ましいです。


避けなければならないのは。海外であまり良い印象をもたれない単語やフレーズを使ってしまうことはできれば、避けます。


海外進出していなくても、国内で働く外国の方と取り引きをすること、海外からの旅行者にサービスを提供すること、何かしら海外の方と接する際に不利になる可能性があります。

4.会社名を決める方法

注意点、守るべきルールを見てきました。
それでは、どのように会社名を決めるのかをご紹介します。

(1)理念や目標を軸とする

創業者の思いが込められた最も多い方法です。
創業するにあたって考えている、会社の理念や目標を中心として、会社名を決めていきます。


理念や目標に体して関連する言葉、連想する言葉、類語等、できる限り洗い出し、その中から候補を選んでいきます。

(2)造語を作る

複数の単語を組み合わせて、より会社の理念や目標、イメージに近いものとしていきます。


核となる言葉をいくつか挙げて組み合わせてみると、これだと思うものが見つかります。

(3)頭文字の利用

創業者や代表者の名前、由来のある地名、経営理念などの頭文字を取っていく方法です。
また、アルファベットの頭文字をとって会社名とすることもあります。

(4)一般公募

クラウドソーシングを利用して会社名を募集するという方法もあります。
自分たちでは思いつかないような会社名の案を受け取ることができます。

(5)五十音順

実は、いくつか候補があった場合、同じ業種の中で、あいうえお順、アルファベット順で最初の方、もしくは最後の方になるように、あえてしているケースも多くあります。


複数の会社名を列記する場合、あいうえお順、もしくはアルファベット順で並んでいることが多いです。


それに、まだ職業別の電話帳も各戸に配布されています。
そのため、そのようにして会社名をつけておけば、先頭か末尾で目立つのを狙っているということです。


私も実際に、会社名の由来を聞いていて、表向きの理念とか事業内容との関連をお話しいただいた後に、「実は電話帳の業種で最初に出るようにしたんだよね」って裏話を聞かせてもらったこともあります。

まとめ

会社名の決め方について見てきました。
自由につけていいからこそ、悩みも深くなります。


会社に対する思いが強いほど、希望も膨らむと同時に、悩みも深くなります。
没頭して考えすぎて、うっかりと会社名にできないものとしてしまわないよう、ルールを把握した上で、いろいろな方法で、素敵な会社名をつけてください。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!