自己資金なしで起業したり、融資を受けたりできる?

事業計画ができているとか、一緒にやってくれる仲間がいるとか、自己資金がなくて融資を受けられないから起業を諦める。
そういったパターンで起業を諦める方もいます。


融資を受けるにあたって、自己資金があることが必須である金融機関もありますが、全てがそうだというわけでもありません。
ここでは、自己資金がない場合に、どうのようにして必要な資金を集めたり、起業をしたらいいのか、その方法について見ていきます。

1.自己資金がなくても融資を受けられる可能性のある方法

(1)日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金の利用

これまでに融資について情報収集をされている方であれば、日本政策金融公庫が創業融資を低金利で行っていることをご存じだと思います。


日本政策金融公庫の融資制度のうち、中小企業経営力強化資金については、自己資金が必要ということが明記されていません。
さらに、無担保・無保証人でお金を借りることができます。


ということは、自己資金がなくても融資を申し込むことはできそうです。
ですが、過去の実績からみると、自己資金がある方が、融資を受けられる可能性が高くなっています。

(2)助成金・補助金の利用

厚生労働省や経済産業省が行っている助成金や補助金を活用すると、返済不要の融資を受けることができる状態になります。
助成金や補助金には、さまざまな種類がありますから、何かしら使えるものがあります。


しかし、その対象が限定されていたり、条件や必要書類が細かく、定められています。
その上、募集期間が短かかったりするので、自分の起業したいタイミングでそもそも募集されていないということがあります。


また、枠があり、全員が支給されるわけでもないものもあります。
ということで不確定な要素は多いのですが、もらえるお金ですから、情報を収集し、使えるものがあればチャレンジすることも良いでしょう。

また、自治体や地元の商工会等、独自の支援制度を設けていることもあるので、しっかりと情報収集してみてください。


過去の助成金や補助金を一通り確認してみると、どの時期にどういったものが募集されているか、だいたいの傾向をつかむことができますので、中小企業庁のWEBサイトや、各地域の商工会、中小企業を支援している機関の情報をチェックしてみてください。


また、そういったところでは、助成金や補助金を活用した起業の成功事例も公開されていますので、自分のビジネスプランを作成したり、準備をするのに参考となります。

ここで注意が必要なのは、助成金・補助金というのは、基本的には後払いです。
事前に、こういうものが必要なので投資しますと申請し、審査に通れば、実際に購入してからその証拠を提出して、お金が振り込まれるという流れのものが多いです。


大きな投資をすれば、もらえるお金も大きくなる可能性がありますが、投資できるお金が手元になければ、実行もできません。
そうした設備投資を伴わないような、社内制度を整えるといった厚生労働省系のものであれば、活用を考えることができる可能性が高いでしょう。

(3)カードローンの利用

カードローンの案内も受け取ったことがあるのではないでしょうか。
自己資金がない場合に、資金調達する方法としては、カードローンというのも選択肢の一つとしてあります。


カードローンの場合、他の金融機関の場合と異なり、事業計画書の提出が不要だったり、必要書類の提出が少なく、また、お金の使い道も決められていませんから、非常に自由度が高いです。


カードローンの審査では、信用情報でクレジットカードの滞納がないかとか、持ち家か借家か、家族構成、勤務先、勤続年数といったことが確認されます。

カードローンと似たものでビジネスローンがありますが、こちらは、最低1年以上の事業歴があり、確定申告書を2期分提出するといった条件があるので、創業時には使えません。

カードローンのデメリットは、何といっても利子が高いことです。
日本政策金融公庫が2%前後の金利ですが、カードローンでは最も低いものでも6%程度です。


100万円から300万円を借りる場合、金利は12~15%にもなります。
カードローンは、手持ちのカードでキャッシュカード感覚で、簡単に引き出してしまう方もいます。


しかし、これは借金ですから、いくら借りていて、返済スケジュールはどうなっているか、しっかり確認する習慣をつけておいてください。


手軽に利用できるからこそ、そういった習慣づけが重要な意味を持っていきます。 緊急用や、つなぎといった、一時的な最終手段として、考えるようにしましょう。

2.どうしても起業したい場合の手段

お金がないと起業を諦めるしかないのでしょうか。
落ち着いて、今すぐ起業しないといけないのか、時期をずらすことはできないか、関係者がいる場合は交渉できないか考えてみましょう。


資金がないのであれば、無理をせず、諦めることもせず、立ち止まって考えるという方法もあります。


起業するということを最大の目標にして、あたかもゴールのように考えてしまう方もいますが、あくまでもスタートですから、資金について悩めば立ち止まって考えるようにします。

資金がない状況でできる方法としては、まず自己資金を最低100万円貯めて融資を受けるか、自己資金なしでもできる規模で事業を始めるという二つです。


計画的に、先を見据えて資金を準備することができれば、金融機関は経営者に必要な資質があると評価してくれます。
また、WEBを中心としたサービスであれば、自宅ですでにあるパソコンやソフトウェアを使って個人事業主として実績を作ることもできます。

3.ドリームプラン・プレゼンテーションとは

最後に、ドリームプラン・プレゼンテーションをご紹介します。
こちらは、ビジネスプランコンテストのような起業家向けのコンテストに応募するという方法です。


起業について情報を収集されているのでしたら、いくつか見たこともあるでしょうし、事例も見たことがあると思います。
こうしたコンテストに応募して優勝できれば、夢を実現させることができます。


私なんて、と諦めることなくチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

自己資金がない場合に、最初に思い描いた方法でないとしても、起業できるし、資金調達をする方法があります。


情報収集に動いてみると、ご自身や、ビジネスプランにマッチしたものが見つかり、夢を実現させる可能性がみえてきます。
立ち止まって、自分自身を、周辺を見渡してみてください。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる