ダンススタジオの経営に必要なことは?

現在、ダンスは幅広い世代から人気があります。
学校教育では必須科目になっていますし、高校のダンス部も非常に盛り上がっています。


こうして人気を集めているのは、ダンスは種類も豊富で、それぞれに海外でも活躍しているような有名な方も続々と現れていることも影響しています。


また、小さい子どもからお年寄りまで参加できる地域のダンス大会やイベントも豊富にあります。


ダンス人口が増えていることから、ダンススタジオを開業したいと考えてきている人も増えています。
今回は、ダンススタジオを開業するために必要な準備について概要を見ていきます。

1.スタジオ開業に必要な手続きとは

スタジオを開業しようとした場合、何からしたらいいのか、具体的な方法が分からないのではないでしょうか。


まずは、ダンススタジオを開業する地域を管轄している警察署長を通じて、都道府県公安委員会へ申請用紙を提出し、許可を得る必要があります。


というのも、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」いわゆる「風営法」2条1項4号の「ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業」とみなされるためです。

立地については、建築基準法による風俗営業の立地規制が設けられており、用途地域によってはダンス教室を開業できないところがあります。


用途地域は自治体のWEBサイトから確認することができます。
また、開業する場所の制限があり、学校や病院等の保護施設が近隣にある場合は、たとえ良い物件があったとしても開業できません。

都道府県によって、保護施設から開業したい場所までの距離の制限が異なりますから、あらかじめ調べておきましょう。


教室建築基準については上記の法律のほか、風営法27条の風俗関連営業の規制により、以下のような決まりがあります。

  ・ダンスができるスペースが一室66平方メートル以上ある
  ・善良な風俗や正常な風俗環境を害する恐れのある写真等の設備は設けない
  ・ダンス場の出入り口には施錠を設けない
  ・ダンス場の照度は10ルクス以下にならないようにする
  ・ダンス場の内部に見通しを妨げる設備を設けない
  ・騒音振動についての規制

このほかに配慮すべき点としては、

  ・照明、音響設備の充実
  ・更衣室の広さ
  ・入り口の入りやすさ、見通しがよいこと

このように、関連する法律に従って、ダンススタジオを開業する場所を探す必要があります。
場所選びだけでも、かなり大変そうです。

2.ダンススタジオ開業の注意

開業するなら、生徒だけでなく、近隣の方との関係も良好であることが当然、目指すあり方だと思います。


近隣の方と良好な関係を築いていくためには、スタジオ周辺でもマナーもそうですが、最も注意が必要なのは「音響問題」です。


音楽を鳴らしますし、ダンスの種類によってはジャンプやステップによる足音と、かなりの音や振動が発生します。


また、大人向けの教室であれば、夜間にレッスンをすることもあるでしょう。
近隣の環境に配慮した音量を守こと、それから防音対策を施したり、窓やドアを開放しないということも必要になってきます。

また、入りやすく、開かれたスタジオを作っていくことが望ましく、照明設備、更衣室、入口、プロのアドバイスも聞きながら環境を整えていく必要があります。


明るく、きれいで、広い、スタジオを準備できることが理想です。

3.ダンススタジオ開業の準備

何においても、事業のプランが必要であることは変わりません。
教室の種類、ターゲットとする年齢や性別、通いやすい場所、料金設定、決めておくべきことがあります。

(1)方向性とターゲット

ダンススタジオのターゲットはどういった人としているでしょうか。
子どもの習い事、大人の趣味、プロの育成など、どういった人を対象にしているかによって、方向性も大きく変わってきます。


同じバレエ教室だとしても、子どもに基本的な動作をマスターさせるのか、大人の女性にダイエット目的で教える、コンクールに出場し海外で活躍できるプリンシパルを育てるのか、明確な設定が必要になります。

(2)ダンススタジオの準備

ターゲットが明確になれば、その方々の通いやすい場所で物件を探します。
そして、設備もそれに合ったものにしていきましょう。


大人の女性が仕事帰りにも通えるようにするなら、アクセスの良い場所になるでしょうし、パウダールームも充実させます。


子どもが通うスタジオであれば、例えば下駄箱やトイレ、洗面台など、子どもが使いやすい配慮が必要になります。

とはいっても、なかなか最初から自分のスタジオを持つということ、資金が莫大かかりますから、最近では、公共のものや、民間のレンタルスタジオからスタートするという方法もあります。

(3)料金設定

こうした教室に実際に通うとしても気になるのは、料金設定でしょう。
入会金や月謝は、満足のいく料金設定にする必要があります。


また、ダンス教室特有なのですが、発表会やコンクール、衣装や用具、いろいろとお金がかかります。


通常の月謝とは他に、こういった費用の概算も事前に知らせておける方が親切です。

また、最近では、月謝ではなく、チケット制にしているところもあります。
まとめて購入すると割引になるような特典がついていることが多いです。


そうしたチケットを発行する場合は有効期限を定めておくことや、使い方のルールを決めておく必要があります。


教室の種類によっては、せっかく来ていただいても入りきれない、といったことのないよう、システムを考えておきましょう。

(4)宣伝・広告

ダンススタジオに限ったことではありませんが、教室を開いただけでは、誰も来てくれません。


集客をするには、ある程度、費用をかけて、ターゲット層に合わせた方法で、宣伝をします。


ホームーページやSNSを駆使したり、新聞折込チラシ、ポスティング、地域のコミュニティ誌や掲示版、いろいろな方法を検討してください。


そういった際には、スタジオの写真や動画といった目で確認することができる情報を公開・掲載するようにすると、より集客効果が上がります。

4.必要となる開業資金は?

ダンススタジオを開業する場合、どれぐらいの費用がかかるかについてですが、家賃25万万円のテナントを借りる場合で、目安として約520万円はかかります。
立地条件や、内装、宣伝広告費によっては、さらにお金がかかることになります。

5.どうやって集客をするか?

ダンスが注目されているから、生徒も集まりやすいかというと、それだけライバルとなるダンス教室も増えています。


そういった中で、生き残っていくためには、堅実な経営をしていくことはもちろんですが、キャンペーンの企画も重要となってきます。


皆さんも、体験レッスン、入会金無料、スタートに必要な服や用具のプレゼントといった、ちょっと気になっていたから、この機会に行ってみようかなというキャンペーンを見かけたこともあることでしょう。


また、地域のイベントに積極的に参加して、スタジオの存在を知っていただくこともとても効果的です。

まとめ

子どもから大人まで、ダンス人口は増えています。
ダンスのスキルだけでは開業は難しく、必要な知識を得ておく必要があります。
段取りよく準備し、地域に愛されるスタジオ作りを目指していってください。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!