2つの金融機関から融資を受ける方法があるのをご存知ですか?

融資は1つ金融機関から借りるもの、そのように考えるのが一般的なのではないでしょうか。しかし、実は2つの金融機関からお金を借りる方法があると言ったらどうでしょうか。これは何も珍しいことではありません。

「協調融資」と言い、れっきとした制度です。この方法があることを知っているのと知らないのとでは選択肢に大きいな違いが出てきます。

ところで、なぜ2つの金融機関からお金を借りるという方法が存在するのか。それはズバリお金を借りやすくするためです。

多額のお金を借りる場合、当然1つの金融機関だけから借りようとすると、その金融機関への負担が大きくなり、銀行としても当然より慎重になります。

一方で、協調融資という形で、2つの金融機関からお金を借りた方が、1つの金融機関への負担が減るので、借りやすい上に、トータルで借りられる金額も多くなる可能性があります。

今回は2つの金融機関からお金を借りる「協調融資」という方法を見ていきたいと思います。

1.事例で学ぶ協調融資

2つの金融機関からお金を借りる方法があることはわかった、でも今一つピンとこない、そのような方がたくさんいらっしゃると思います。そこで、まずは具体事例を見ながら説明をしていきます。

ケーススタディ①

飲食店を開業される方で、総額1,200万円を借りたいという方がいらっしゃいました。創業したばかりで、事業の実績も、銀行との取引の実績もない状態で、1つの金融機関から1,200万円もの融資を受けるのは至難の業です。

この方は当初は1つの金融機関からの借り入れを検討されていらっしゃいましたが、その金融機関から単体では難しいが、協調融資であれば可能性があるとの提案を貰ったため、協調融資に舵を切り、1つの金融機関から600万円ずつ融資を受け、結果1,200万円の融資を受けることに成功されました。

ケーススタディ②

海外での物販事業で拡大をするにあたり、総額1,500万円の借入をしたいという方がいらっしゃいました。その方は創業2期目に入られた方で、既に創業期に2,000万円の借り入れをされていらっしゃいました。

やはり当初は1つの金融機関からの借り入れを検討されていらっしゃいましたが、既に2,000万円のお借り入れがあるということで、単体で貸し出すのは難しいとの指摘があったため、2つの金融機関から借り入れる方針に転換。

1つの金融機関から750万円ずつ融資を受け、結果として1,500万円の融資を受けることに成功されました。

ここまで見てきましたように、1つの金融機関からのお借り入れでは難しい場合に、2つの金融機関からの融資に切り替えることにより、1つの金融機関では難しい大きな金額の融資を結果として受けることができる場合があります。

2.協調融資は万能ではない

ここまで協調融資の具体事例を見てきました。大きい金額を借りることができる。良いことだらけではないか、というとそうでもありません。協調融資は協調融資のデメリットがあるのです。それは、融資を受けるまでに時間がかかるということです。

例えば、日本政策金融公庫と民間の銀行から協調融資を受けるとします。日本政策金融公庫単体から融資を受ける場合には、一般的にはおおよそ1ヶ月、長くても1ヶ月半程度で融資を受けることができます。

ただし、協調融資を使う場合、2~3ヶ月程度、融資を受けるまで時間がかかってしまう可能性があります。融資を急いでいる方にとってはそこがネックになってしまうかもしれません。

なぜ、協調融資だと時間がかかってしまうのか。これは日本政策金融公庫の制度に理由があるのですが、日本政策金融公庫の融資実行の条件に、もう一方の金融機関の融資が確定した場合に日本政策金融公庫も融資をするという条件が加わるためです。

その場合どのような流れになるのか。信用金庫、信用組合、地方銀行による融資は、銀行による面談が2回程度ある上に、銀行との面談の後に信用保証協会による面談がさらに2回程度ある場合が多いため、融資実行までに2ヶ月、長いと3ヶ月程度かかってしまうことが多く見受けられます。

つまり、民間の銀行の2~3ヶ月の融資審査の後でないと日本政策金融公庫からの融資を受けることができないため、結果的に協調で融資を受ける場合には3ヶ月近く時間がかかってしまう可能性があるのです。

まとめ

今回見てきました通り、協調融資という2つの金融機関からお金を借りるという方法を使って、1つの金融機関からの借り入れだと可能性が低いような多額の融資にチャレンジすることができます。

一方で、時間がかかることから時間に余裕のない事業主の方にはマッチしていないかもしれません。

そのようなことも含め、融資を受ける際にはどのように進めていくのか、どのように戦略を立てるのかが重要になってきます。

どのタイミングで協調融資に舵を切れば良いのか、これは初めて融資を受けようとする時に容易に判断できるものではありません。

このような時こそ専門家に相談をすることが良いのではないでしょうか。上手に専門家を活用し、希望の融資額を獲得し、事業を前進させましょう。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!