日本政策金融公庫の面談結果、連絡方法は?

日本政策金融公庫で融資の面談を受けた場合、結果が非常に気になります。
ここでは、その結果はどのように連絡されるかについて、ご説明します。

1.審査結果の連絡方法は?

日本政策金融公庫の場合、審査の結果は郵送されます。
その期間は、担当者と面談を行ってから2週間程度です。


結果が届くのには、早いケースも遅いケースもあります。
日本政策金融公庫への申込数が多い時期であれば、審査に時間がかかる場合もあることを心得ておきましょう。


審査の結果、残念ながら融資を受けられない場合もあります。
その場合でも、融資を受けられないことが電話、もしくは郵便物で伝えられます。


いずれにしても、連絡がありますから、あまりにも遅い場合は、いつ頃になるのかを問い合わせるのもいいかもしれません。

日本政策金融公庫から融資を受けることが決まれば、その通知に必要書類が同封されています。


その指示に従って必要書類を作成したら、返信用封筒に入れて郵送します。
日本政策金融公庫にその書類が到着後、3営業日後に口座に入金されます。

2.融資を受けられる場合の手続き

(1)借入契約の締結

融資を受けられることが確定したら、日本政策金融公庫と借入の契約を締結します。


その契約書を作成する際には、収入印紙を準備する必要があります。
収入印紙は200円のものが1枚と、融資金額に応じた印紙税額のものが1枚、必要です。


それぞれの印紙税額は、以下のとおりです。

借入契約記載の金額が
50万円を超え100万円以下のもの    →1,000円
100万円を超え500万円以下のもの    →2,000円
500万円を超え1,000万円以下のもの   →10,000円
1,000万円を超え5,000万円以下のもの  →20,000円

印紙税額については、国税庁のWEBサイトで確認することができます。
また、収入印紙を貼付したら、消印を押すことを忘れないようにしましょう。


消印というのは、収入印紙を貼付したときに、印紙と下の文書にまたがるように押す印のことです。


消印の仕方については、きまりがありますので、国税庁のWEBサイトに解説がありますから、不安な方は事前に確認しておくことをおすすめします。
なお、その時に使う印鑑は実印です。


印鑑証明書も必要になりますから、準備をしておきます。

(2)銀行口座の指定

日本政策金融公庫から融資を受ける場合には、現金をそのまま受け取ることなどなく、指定した口座に振り込んでいただくことになります。


送付されてくる書類の中に口座を届け出る複写式の書類があります。
口座は、借主の名義である必要がありますから、間違いなく登録します。

現在はインターネット銀行は、対象外となっています。
そのため、日本政策金融公庫から融資を受けようとする場合には、インターネット銀行以外で口座を開設しておく必要があります。


インターネット銀行しか口座を持っていないのであれば、あらかじめ準備をしておきます。

(3)口座への入金

日本政策金融公庫から口座に入金をされる場合、その振込手数料が差し引かれた額が入金されます。
銀行によって異なりますが、振込手数料は数百円程度です。

まとめ

日本政策金融公庫の融資については、基本的に結果は郵送されます。
面談を終えてから2週間程度かかります。


日本政策金融公庫で融資の審査に通らなかった場合、半年以上、日本政策金融公庫に融資を申し込むことができなくなります。


審査を通過できるようにしっかりと準備を整えてから審査を申し込むことをおすすめします。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!