日本政策金融公庫の事業計画書の作成方法のポイントとは?

日本政策金融公庫から事業融資を受ける場合に、認定支援機関を経由することで、金利が約1%低くなります。


これは、中小企業経営力強化資金制度を利用するものになります。
この制度を利用すると、担保や保証人が必要なく、初めての方でも利用しやすいようにと金利が低く設定されています。


この制度を利用する場合は、創業計画書とは別に事業計画書を作成する必要があります。 ここでは、その場合の事業計画書の書き方を見ていきましょう。

1.事業計画書の作成方法

認定支援機関を経由する場合に必要となる事業計画書は、日本政策金融公庫のWEBサイトから書式をダウンロードすることができます。
「サービスのご案内」のページに「借入申込書等」というところのNo.18です。


常に、ここから最新版をダウンロードして作成します。
書式は改訂されることがあるので、常に最新版をダウンロードするようにします。

事業計画書は、PDF、Excel、Wordと3種類ありますので、ご自身に合ったものを選んでダウンロードして使います。
PDFで手書きよりもExcelかWordを使ってパソコンで入力して作成しましょう。


記載例も掲載されていますので、いっしょにダウンロードしておきます。
この記載例を参考にしながら記入していくこともできるのですが、ここで用紙の左上から準に補足説明をしていきます。

(1)現況、新商品の開発または新役務の内容、課題・重点取組項目、具体策

①「現況」
創業計画書に記載した内容と同じで問題ありません。
創業の場合は、創業の目的や、動機に該当します。

②「新商品の開発または新役務の内容」
ここは新しいことをビジネスとして行う場合に記載をします。
そういった内容がない場合は、業務内容を記載します。

③課題・重点取組項目、具体策
経営上の課題項目の該当するところに「○」をつけ、具体策を左に記載していきます。
できるだけ空白を埋めるように記載していきましょう。


この書式は、ExcelとWordがあるのですが、Excelは入力にちょっとコツがいります。
印刷したときに文字が切れてしまっていないか、よく確認しておきましょう。

(2)業績推移と今後の計画

創業計画書の事業の見通しと整合しているように記載していきます。
万円単位で、間違えないように記載していきましょう。


目標は高くといきたいところですが、無理な売上計画を記入しても、事業の計画が曖昧であれば逆に計画性がないと、良い印象を持ってもらえない可能性があります。
専門家に相談しながら実現可能な計画を考えていきます。

(3)借入金・社債の期末残高推移

記入例を見ながら記載していきます。
既存の借入金がある場合は、記載します。

(4)計画終了時の定量目標および達成に向けた行動計画等

定量目標とあるので、具体的に数値で目標を掲げます。
従業員を○名採用する、売上高を月に○○万円にする、顧客数を○○名にするといった、数値目標とします。


そして、その掲げた目標を達成するための行動計画を記載します。
具体的に、達成する道筋がみえるように計画します。


いつまでに、何をしたら、その数値目標を達成できるのか、ここで明確にしておくと、達成できる可能性も高くなりますので、できる限り具体化します。
こちらは、枠が2箇所あるので、2箇所とも記載するようにしましょう。

日本政策金融公庫は、1年ごとに経過報告をすることになっています。
計画が具体的であれば、また報告書も記載しやすくなるでしょう。


当初の事業計画が達成させるべきですが、未達でも特にペナルティはないので、そこは安心してください。

(5)認定支援機関等の所見等

ここは、認定支援機関が記入する部分になります。
融資を申し込む側は、記載する必要のない欄となります。

(6)認定支援機関連絡先

全ての欄の記入を終えたら認定支援機関が記名押印する欄ですので、こちらも融資を申し込む側は記載する必要のない欄です。

(7)お客さま情報の利用に関する同意

この計画書の左上、「お客さま情報の利用に関する同意」の欄があります。
こちら、説明文をきちんと読んでおきます。


チェックボックスへのチェックの記入、日付、住所、事業者、いずれも記入漏れのないように最後、確認をしましょう。


また、パソコンで作成する場合、押印を忘れないようにしてください。
押印は、他の書類と同じく実印を押印します。

まとめ

この事業計画書は認定支援機関を経由して融資を申し込む方が対象になっています。
認定支援機関の支援をうけながら資料を作成していきます。


認定支援機関は中小企業庁のWEBサイトに、その一覧があるので、かなりの数があることが分かります。


ただ、融資を専門としているところはあまりないので、確認をしてから依頼すると良いでしょう。


上にも書きましたが、Excelの書式を使う場合、印刷した場合に文字が全て印字されないことがあります。
入力が終わったら、文字が切れていないかどうかよく確認してください。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!