貸借対照表(バランスシート)の見方のポイントとは?

会社の経営において欠かせない決算書、決算書の見方というだけでも何種類も本が出版されています。


それだけ会社のお金の状況を知るために重要な書類のため、読み方を知りたい、知らなくてはと思っている人が多いということです。


そして、そのポイントを知っていると強力な武器となります。
ここでは、決算書のうちのひとつである貸借対照表(バランスシート)の見方について概要を説明していきます。

1.貸借対照表(バーンスシート)とは?

貸借対照表というのは、会社の財政状態を知るための書類です。
倒産のリスクの有無や、財務基盤の安定性ということを読み取ることができます。


貸借対照表は一時点の情報、多くの場合は決算日の時点で作成します。
この貸借対照表を読み解くことができれば、会社の課題を見つけることができます。


経営者にとっては、そのようにして見つけた課題を解決していくことが最大の仕事となります。

貸借対照表は左右大きく2つにわけられ、左側が「借方(かりかた)」、右側が「貸方(かしかた)」といいます。
そして、左側は調達した資金をどのように使ったかを表しており、右側は資金の調達方法を表しています。

貸借対照表の大きな特徴として、この左側と右側の合計が必ず同じとなるのでバランスシート(BS)と呼ばれています。


また、貸借対照表は左側(借方)は「資産の部」、右側(貸方)は「負債の部」と「純資産の部」で構成されています。

貸借対照表

(1)資産の部

資産とは、決算日に会社が保有している権利や資産の状況を表しているものです。


資産は、次の3つに分かれます。
・流動資産…現預金、売掛金、商品など短期的に循環する資産
・固定資産…土地、建物、権利など長期に保有でき、継続的に会社で使用することができる資産で有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産からなる
  有形固定資産…実際にものとして存在する資産の土地、建物、車両、機械、備品等
  無形固定資産…ソフトウェアや特許権など、目に見えないが権利を有している資産
  投資その他資産…有価証券、貸付金等
・繰延資産…収益との対応関係から将来にわたって繰延べ経理された資産

(2)負債の部

負債とは、決算日に会社が負っている負債(法的債務やそれに準ずる義務のある負債)の状況を表しているものです。
負債は、次の2つに分かれます。
・流動負債…短期間(1年以内)のうちに支払期限がくる負債
      買掛金、未払金、未払費用などの短期借入金
・固定負債…支払期限が1年以上後になり、それまでは支出や費用化されない負債 社債もここに含まれる

(3)純資産の部

資産総額から負債を引いた自己資本部分を表しているものです。
株主から出資された資本金、これまでに獲得した利益を積み上げた利益剰余金、会社自身が保有する自己株式といったものが含まれます。

2.貸借対照表を見るときのポイントとは?

貸借対照表のどの部分に着目していくといいのか、そのポイントを見ていきます。

(1)自己資本比率

貸借対照表で最も重要なポイントといわれるのが自己資本比率です。
自己資本(純資産の部)は、株主から出資された資本金と、これまでに獲得した利益の合計ですから、返さなくてもよいお金です。

自己資本比率とは、総資産に占める自己資本の割合で、会社のお金がどのくらいあるかを示すものです。


自己資本の割合が高いほど、財務的な面での安全性が高いと判断されます。
業種により平均値は異なりますが、自己資本比率が40%以上であれば優良企業と言われます。

中小企業の場合、自己資本比率の平均は15%前後です。


自己資本比率は次のように算出します。
 自己資本比率(%)=(純資産÷総資本合計)×100

一般的な自己資本比率の目安をご紹介します。
~10% 倒産の危機が非常に高い
10~20% 倒産の危機あり
20~40% 一般的な水準
40%以上 安定している

(2)流動比率

流動比率というのは、1年の間で現金にできる資産と、1年の間で返済しないといけない負債の比率のことです。


流動比率は次のように算出します。
 流動比率(%)=(流動資産÷流動負債)×100
この流動比率は、会社の安定性を短期的に見ます。


流動比率が200%以上になれば、一般的には安全性の高い会社ということになります。
この流動比率が100%を切っていたら危険な状態です。

(3)当座比率

当座比率とは、流動比率より厳密に安全性を判断するために見るポイントです。
流動資産ではなく、当座資産のみがベースになっているので、流動資産の中でも現金化しやすい資本のみをベースに算出します。


ここに出てくる「当座」というのは、流動資産のうち、特に換金の可能性の高いもので現預金、売掛金、棚卸資産、受取手形が該当します。

当座比率は120%以上あれば安全性が高いと判断されます。


当座比率は次のように算出します。
 当座比率(%)=(当座÷流動負債)×100

(4)資本欠損と債務超過

資本欠損というのは、純資産の部の総額が、資本金・資本準備金・利益準備金の合計を下回る状態のことを示しています。


債務超過というのは、資産合計よりも負債合計の方が多くなることを示しています。
これら2つの状態に該当する場合、財務状況が悪いと判断できます。

まとめ

貸借対照表を見る際の代表的なポイントについて見てみました。
貸借対照表は、会社の状態を判断するために有用な指標となるものですから、見方をマスターしておきましょう。


そうすることで、自社の状態を判断したり、取引先審査に活用できます。
ただ、貸借対照表が全てではありませんから、損益計算書やキャッシュフロー計算書を含めて判断することも重要です。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!