中小企業金融公庫って何のこと?

事業融資について日本政策金融公庫について調べていたら、中小企業金融公庫という言葉を見たことがありませんか。


今回は、この日本政策金融公庫と中小企業金融公庫の関係について見ていきます。

1.中小企業金融公庫とは?

中小企業金融公庫とは、日本政策金融公庫の前身の一つです。
中小企業法に基づいて1953年に発足し、1958年からは信用保険業務も併せて行っていました。


信用保険というのは、中小企業が取引先に請求したお金を回収できない場合などに補償される保険商品です。


中小企業金融公庫は、このように中小企業に融資を行うことと、中小企業へ信用保険を提供することの他にも信用保証協会にお金を貸すということも行っていました。


ここに出てくる信用保証協会というのは、中小企業や個人事業主が金融機関からお金を借りる場合に、保証人となり融資をサポートしてくれる公的機関です。

金融機関が中小企業や個人事業主への融資の際はリスクヘッジのため、この信用保証協会を通して融資を行うことが多くなっています。


中小企業金融公庫はこうした中小企業の信用保証を行う信用保証協会に対してお金を貸すという役割を担っていました。

2.中小企業統合事業団の発足

1999年には、中小企業金融公庫の中の保険部門は中小企業統合事業団として、統合されました。
中小企業統合事業団というのは、現在では、独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)となっています。


1999年にはまた、国民金融公庫と環境衛生金融公庫が統合して国民生活金融公庫が発足しています。


国民生活金融公庫は、1999年の発足当初は、飲食店や美容室などへの環境衛生貸付と、国民向けの貸付を行っていました。


この国民生活金融公庫が日本政策金融公庫の国民生活事業の前身です。
国民生活事業として、小口の事業資金融資、創業支援、経営相談、国の教育ローンといった事業を担っていました。

国民生活事業の特徴としては、融資先が小規模事業が中心で半数近くは個人企業でした。
生活に密接な関わりを持った生業的な企業が中心です。


これに対して、中小企業統合事業団が行っていた中小企業事業というのは、多様な中小企業が対象なのですが、半数近くは製造業でした。


そして、国民生活事業よりも従業員規模や資本金の規模がやや大きめの中小企業に対する融資を行っていました。


また、中小企業事業では、ベンチャー支援や事業再生といった、時代の要請に応じた政策制の高い特別貸付を推進するという役目もありました。

3.日本政策金融公庫の発足

2008年には、中小企業金融公庫は解散し、これまで行っていた中小企業向けの小口の事業資金の貸し付けは日本政策金融公庫に業務移管されました。


同時に、国民生活金融公庫、農林漁業関連の貸付を行っていた農林漁業金融公庫も日本政策金融公庫に業務移管されました。


そのため、日本政策金融公庫は、それら3つの各公庫が担っている業務を引き継いだため現在のような中小企業事業、国民生活事業、農林水産事業を中心に行う機関となっています。


まったく異質なものの組み合わせのようですが、業務を整理統合された結果発足したという流れを知れば納得です。


国民生活事業は、融資事業の根幹を担っています。融資の種類は豊富で、無担保・無保証人で融資を受けることもできます。


中小企業事業は、古くから存在している国の政策ですが、日本の企業の大半が中小企業ですから、こちらも非常に重要な事業です。
農林水産業も日本の重要な産業ですが、海外からの輸入も増えているため、産業保護の重要性が高まっています。


時代に応じて、国の政策も国民の救済から中小企業の成長を促すものへ、そして事業再生や事業承継と変化しています。


このように時代の節目で適切なものとなるように政府系金融機関を設立していくということを繰り返しています。

4.中小企業金融公庫のその後

中小企業金融公庫の一部の保険部門は、中小機構として受け継がれています。
また、中小企業向けの小口融資に関しては日本政策金融公庫が受け継いでいます。

そして日本政策金融公庫は公的な金融機関であるという強みを生かしてソーシャルビジネスの推進をしています。


ソーシャルビジネスというのは社会の問題をビジネスで解決しようという試みで、近年注目を集めています。


例えば、高齢者の介護、商店街の空き店舗対策、被災地復興、こういった地域の課題を公的な資金のみで解決するのではなく、市民も参加してビジネスを通じて解決していこうという考え方です。


民間の金融機関では実行が難しいような課題もクラウドファンディングを活用するなど、時代に合わせて各種プロジェクトという形で解決を図っています。

まとめ

中小企業金融公庫というのは、2008年に他2つの公庫と統合され、日本政策金融公庫となりました。


中小企業向けの融資業務だけでなく、信用保険や中小企業支援を行っていました。


中小企業金融公庫の業務は、日本政策金融公庫と中小機構が受け継いでいます。


国民生活事業と中小企業事業が日本政策金融公庫という一つの機関で行われるように整理されたことは、利用する側としては利用しやすくなったのではないでしょうか。


そして、現在の日本政策金融公庫も今後、時代の変化に対応していくことになります。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!