ROAとROEの違いとは?

会社の収益性を知るための財務指標の一つにROA(純資産利益率)があります。
ここではROAについて、より理解を深めるためにROEと比較しながら見ていきたいと思います。

1.ROAとは?

ROAとはReturn On Assetsの略称であり、会社の収益性を測る財務指標の一つです。
企業では、債権者と株主から得た資金を企業活動に投入します。


ROAは、全ての資産を用いて、どのぐらいの利益を計上したかというのを示すために利用する指標です。


中小企業にとっては特に有効な経営目標とされており、総合的な収益性の指標とされています。

2.ROAの計算方法は?

ROAは利益÷(平均)総資産残高×100で計算します。
当期純利益は、当期1年間の成績を示すものです。
また、(平均)総資産残高は、1年の平均資本を使用するのが望ましいとされています。

会社の保有する資源には限りがありますので、資源で効率良く利益を上げることは、経営上の重要な課題となります。


ROAの数値が高いほど、会社が集めた資本を投入して得た資産から、効率よく利益を生み出していることを意味しています。


少ない資本でより多くの利益を獲得するということがその本質となります。

3.ROAの比較

会社の業績を比較するとき、ROAが高いほど投資効果が良いと判断します。
また、同じように収益性を測る指標の一つで売上高利益率があります。


売上高利益率は企業が提供する商品やサービスの収益力の高さを分析できるもので、利益÷売上高×100で計算します。
この売上高利益率も高いほど収益力が大きくなります。


ただ、これらの指標だけでは判断しきれない面もあります。
もともとの資産規模が大きい方が、より多くの売上や利益を出すことは当然です。


そのため、投資効率の良い会社にもっと多くの資本が集まれば、さらなる利益を生み出す可能性があると判断することができます。

また、このROAは1度のみではなく、同じ会社のROAを継続的に確認することもあります。


ある程度の規模の企業となると、効率が上がったり、下がったりする動きを確認していくことが会社に対する評価の重要な判断材料となります。


ただ、ROAは業種により、目安が異なるため、ROAは異業種間での比較には、適していません。


例えば工場などの大きな設備が必要となる業種では総資産も大きくなります。
それと比較して、IT産業のように大きな設備投資が必要でない業種であれば総資産はそれほど大きくはなりません。


設備投資を必要とする業種の方がROAが低くなりますが、だからといって財務状況が悪いということにはなりません。


ROAは同業他社との比較や、同じ会社の経年比較をするといった使い方をされます。

4.ROEとは?

ROE(株主資本利益率)とは、Return On Equityの略です。
ROAと同じく会社の収益性を測る財務指標の一つにあたります。


ROEの数値が高いほど、株主の投資したお金が効率良く利益を生み出していることを意味しています。
同じ金額を投資するのであれば、ROEの高い会社に投資した方がリターンがいいということになります。


そのため、ROEは利益が多い・少ないということだけではわからない効率性を判断できるため、ROEが高いほど、株主からの評価は高くなります。

5.ROAとROEの違いとは?

ROAとROEは計算の方法も良く似ているのですが、次のような違いがあります。

ROA…会社の使用総資本(総資産)に対する収益性を示す
自己資本か他人資本かに関わらず、会社の保有する全ての資産を合計し計算されます。


ROAの計算に使用する利益は、総資産からのリターンである事業利益を用いるべきです。


ただ、事業利益は損益計算書に表示されるものではないので、実務的には経常利益を用いるのが一般的となっています。

ROE…株主が出資したお金(株主資本)に対する収益性を示す
株主から委託されている資金をどれだけ効率的に活用しているかを示します。


ROEの場合は、少ない株主資本で大きな利益を生んでいるとしても、総資本における株主資本の割合が低く、資金の多くが借金で構成されている場合もあります。


そのため、ROEの数値だけで会社の指標を測るのでは、その企業の財務状況が正しく判断できません。

つまり、このROAとROEとでは、収益性を計算する対象となる資金の範囲が違うということです。

5.ROAとROEを同時に分析する

ROAとROEは、両方の数値を分析することによってその企業の傾向が見えてきます。


利益が出ている状態だとしても、自己資本と負債の割合によっては、その様子が変わってきます。


ROAは、業種によっても異なるのですが、一般的には5%が目安といわれています。
ROEは平均で10%を超えてきているので、10%が一つの目安になっており、15%あれば優良と判断されます。

①負債=自己資本

負債と自己資本がほぼ同じで、利益が十分出ており、ROAとROEのいずれの数値も高ければ収益力が高く、また、自己資本・他人資本をうまく利用できている状態となります。

②負債<自己資本

負債がほとんどなく、総資産の大部分を自己資本が占めている企業で利益が出ている場合、ROAの数値が高く、ROEの数値がそこまで高くなければ、株主資本をうまく活用できてない状態です。

③負債>自己資本

総資産の大部分を負債が占めている企業の場合、ROAの数値が低く、ROE数値が高ければければ、負債リスクが高い状態にあります。

④ROA、ROEが両方とも低い

ROAとROEが両方とも低い場合は、効率的に利益が獲得できておらず。資本効率が悪い状態です。

ROAを改善するには、利益を増やすか総資産を減らすことが必要になります。
利益を増やす方法はその企業により様々あります。


総資産を減らすのはある程度共通で、在庫を減らす、不要な設備を売却する、業務と関係ない投資を解約するといった不要不急の資産を現金化して、借入金を返済したりすることで、資産規模を圧縮します。

ROEを開園するには、当期純利益を増やすか、自己資本を減らすことが必要になります。


余剰資金がたくさんあるのであれば、減資や自社株買いをするという方法があります。


また、無借金経営をしているのであれば、借入をして、減資や自社株買いをして自己資本を減らします。


借入をすることに抵抗がある企業も多いようですが、株主のお金を有効に活用するという観点では、借入をするのも一つの方法となります。

まとめ

ROAとは、会社の使用総資本(総資産)に対する収益性を示す数値です。
ROEとは、株主が投資したお金(株主資本)に対する収益性を示す数値です。
投資効果だけではなく、組み合わせて経営の判断を行うことが重要になります。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!