プロジェクト融資とは?何に向いている?

資金調達について調べていると「プロジェクト融資」あるいは「プロジェクトファイナンス」という言葉を見かけます。


融資の種類に一つだとは推測できますが、いったいどのような融資なのでしょうか?


もし、自分の事業が当てはまるのなら選択肢として知っておきたいと思いますが、果たしてそうでしょうか。


ここでは、プロジェクト融資とはどのようなものか概要と特徴を見ていきます。

1.プロジェクト融資の概要

プロジェクトとは、英語のProject(大規模な計画)であり、ビジネスでよく使う用語です。

(1)プロジェクト融資の特徴

一般的な事業資金の融資というのは、個人もしくは会社を対象としています。
対象の個人や会社の信用度をみて金融機関は融資の可否を判断します。


信用度が高いほど、貸し倒れのリスクがないと判断し、融資をしてくれますし、条件も良くなります。

プロジェクト融資の場合は、そのプロジェクト自体の収益率で融資の可否を判断します。


プロジェクトを実施する会社の信用度ではなく、プロジェクトの運営会社(特別目的会社:SPI)の信用度やプロジェクトの収益性の高さで融資をします。


このプロジェクトでは、収益が莫大で、関連する企業も多岐にわたるため、金融機関とのやりとりや進捗管理をする特別目的会社が間に入っています。


特別目的会社が金融機関から融資を受けて、実際にプロジェクトを実施する会社は、特別目的会社から資金調達をします。


このプロジェクト融資の最大の特徴は、返済は特別目的会社が行うので、プロジェクト実施会社は返済する必要がなく、これはノン・リコースと呼ばれています。

(2)融資の対象となるプロジェクトとは?

どうやら、このプロジェクト融資は、個人事業主や中小企業には直接関係なさそうな規模の大きなビジネスのようです。


具体的に、どのようなプロジェクトが対象となるのでしょうか。
プロジェクト融資では、最低でも数十億円以上の巨大プロジェクトが対象となります。


もともと欧米で石油・ガス資源等の開発のために考案された巨大な資金調達をするための方法として考案されたものです。


その後、資源開発から派生して、川下のプロジェクト、例えば石油プラント、発電所、道路などのインフラ、都市開発へと応用範囲が拡大していきました。
日本でも、大手銀行がプロジェクト融資に参入しています。

(3)融資額は?

インターネット上で、プロジェクト融資と見かけたとしても、本来は国際的な事業に対する融資です。


国際的な規模のプロジェクトともなると、特別目的会社は、国、電力会社、輸出企業、スポンサーなどを相手に調整をすることになります。


国家プロジェクトの規模ですから、融資額も億から兆の単位の金額となります。 金融機関側も一つの金融機関ではなく、複数の機関が組み合わさり、シンジケート化して融資をします。

(4)プロジェクト融資に向いている企業は?

海外を拠点に開発をするような燃料供給会社や、火力・電力の設備機器メーカー、それらの関連する企業がプロジェクト融資に向いています。


これからは、再生エネルギーにますます注目が集まり、供給が増えることも見込まれるため、再生エネルギー事業に関連する企業もプロジェクト融資に向いています。

2.プロジェクト融資のメリット

プロジェクト融資の場合、多額の借金を背負う必要がありません。
プロジェクトを実施会社にとって最大のメリットになります。


このプロジェクト融資の返済は特別目的会社が行うため、プロジェクト実施会社は資金繰りの心配をせず、プロジェクトに集中することができます。


特別目的会社としてみても、プロジェクト自体は、別の会社が行うので、プロジェクトの進捗管理や調整約に専念することができます。


会社を超えて、役割分担をすることで大きな規模のプロジェクトもスムーズに動かすことができる仕組みです。

3.プロジェクト融資のデメリット

プロジェクト融資にはデメリットもあります。
収益が高いという将来性に対して巨額の資金を融資してくれますが、肝心のプロジェクトが失敗した場合のリスクは通常の融資とは比べものにならないほど高いものです。


プロジェクトに関連する企業も複数にわたりますから、金銭面の負担だけではなく、社会的な負担も強いられます。

まとめ

プロジェクト融資は、国内外で行われる資源開発やインフラ整備、石油化学などのプラント建設といって大規模な事業を対象としています。


特別目的会社という仲介役が入り、資金調達をします。
不動産投資でプロジェクト融資ならお金を借りることができるというインターネット上の記事もありますが、この「プロジェクト」がここで紹介したプロジェクト融資の意味するところの「プロジェクト」と同じでしょうか。


本来、プロジェクト融資は、一般的に利用できるような融資ではありません。
定義をよく確認し、正しい情報収集をして惑わされないようにしましょう。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!