日本政策金融公庫で信用情報ブラックでも融資を受ける方法は?

信用情報がブラックだと日本政策金融公庫の融資を受けるのはかなり難しいです。
それでもやはり、融資を受けたいと思っている方もいらっしゃると思います。


実は、信用情報がブラックでも融資を受けることができる方法がありますので、それを見ていきましょう。

1.信用情報がブラックとは?

信用情報というのは、個人信用情報機関によって管理されている情報です。
その管理されている情報とは、クレジットカード契約やローン契約といった信用取引に関する信用履歴です。


クレジットカードや住宅ローン等、新たな契約をしようとする際に、クレジットカード会社や金融機関は、審査にあたってこの信用情報を照会しています。


ブラックというのは、支払遅延、滞納、債務整理といった悪い履歴があるということです。


個人信用情報機関には3つあり、そのいずれか一つでもブラックとして登録されると、それらの機関に情報が共有されてしまいます。

3つの機関とは、CIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)です。
それぞれの機関の特徴は次のとおりです。

①CIC(指定信用情報機関)
クレジットカードの利用履歴と信販会社との取引履歴を保有しています。
クレジットカード会社や貸金業者系の個人信用情報機関です。
指定個人信用情報機関に指定されているので、貸金業者であれば必ず加盟しています。

②JICC(日本信用情報機構)
消費者金融会社との取引履歴を保有しています。
ほとんどのクレジットカード会社が加盟しています。

③KSC(全国銀行個人信用情報センター)
銀行や信用金庫との取引履歴を保有しています。
全国銀行協会が運営しており、主に銀行が加盟しています。

これらの機関は、いずれも本人であれば、自分の情報を開示してもらうことができますので、心配な方は、一度開示請求をしてみてください。

2.ブラックリストに登録される原因は?

次のようなことがあると、ブラックリストに登録されます。

①返済遅延
カード料金や借金の返済が61日以上延滞した場合です。
60日以内に返済した場合は、支払遅延の履歴は残りますが、金融事故情報は記録されません。
クレジットカード料金、ローン返済、携帯電話本体の代金、奨学金等です。

②契約の強制解約
クレジットカード契約が強制解約になった場合です。
返済の延滞や滞納だけでなく、カード会社とのトラブルの場合での強制解約も含まれます。

③債務整理(自己破産)
債務整理をすると記録されます。任意整理や個人再生の手続きでも同様です。

④代位返済
住宅ローンなどで、支払いが遅れたときに、保証会社が代わりに支払うことです。

こうしてブラックリストに登録されると、お金に関する新しい契約が難しくなります。


金融機関、銀行、クレジットカード会社、信販会社、全てが情報をお互い照会できるようになっていますから、どこかに事故情報があると隠しきれません。


金融機関はリスクがあると判断し、新しいクレジットカードが作れない、融資を受けることができない、ローンを申し込むことができないということになります。

3.ブラックリスト履歴は一生消えない?

ひとたび信用情報がブラックとなるとそれは消えないのでしょうか。
そこは安心してください。個人信用情報機関や項目により保有期間は異なり、最長でも10年です。

CIC(指定信用情報機関)
遅延 任意整理 自己破産
5年   5年    5年

JICC(日本信用情報機構)
遅延 任意整理 自己破産 強制解約
1年   5年    5年     5年

KSC(全国銀行個人信用情報センター)
遅延 代位弁済 任意整理 自己破産
5年   5年     5年   10年

4.信用情報がブラックでも日本政策金融公庫での融資は可能?

過去に信用情報がブラックで履歴が消える前でも、現在の状況がよくて融資金額も300万円から500万円程度であれば、日本政策金融公庫から融資を受けることができる可能性があります。


クレジットカードで遅延を繰り返していたとしても、直近1年から2年の間に信用情報に問題がない場合は、融資を受けられる可能性があります。


ただ、自己破産や個人再生といった債務整理をした場合は、残念ながら融資を受けるのは厳しくなります。

信用情報がブラックになってしまった場合は、履歴が消えるのを待ってから融資を受けるようにするか、出資を受けるといった他の方法で資金調達をすることを検討します。

また、既に事業を始めている場合は、ファクタリングを利用するという方法もあります。
ファクタリングであれば、信用情報に関係なく資金調達が可能です。


ファクタリングというのは、取引先の売掛金をファクタリング会社に売却する方法です。
債権を売却するという方法なので、利用する人の信用情報は影響しません。


ファクタリングの場合は、最短で即日の入金も可能ですから、緊急時に利用できる方法です。


ただ、ファクタリングは手数料が高いというデメリットがありますので、繰り返し利用すると、本来得られた利益を失い、資金繰りがどんどん厳しくなるので、緊急時に限った利用とすべき方法です。


また、ファクタリング会社には、悪質な業者もありますので、緊急時だとしても、相手の業者をしっかり調べて信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

金融機関やクレジットカード会社等との取引履歴は管理され、広く共有できるようになっています。


金融商品の新規の契約時に、リスクを避けるため照会されていますから隠せるものではありません。


いざというとき、資金調達に困らないよう、信用情報がブラックにならないように気を付けておくことが欠かせません。


ただ、ブラックの履歴があるからといって、全く融資を受けられないということでもなく、方法はあります。


専門家に相談すると道が開けるかもしれませんので、思い込みで諦めないようにしましょう。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!