個人事業主の口座は複数にわけて管理すべき?

個人事業主として事業をしていく上では目的別に口座を作っておくことが理想です。
ここでは、飲食店を例に、銀行口座をどのように使い分けていくのか、3つに分けて管理するパターンを見ていきます。

1.1つ目の銀行口座(入金用)

1つ目の銀行口座は入金用の口座です。
飲食店の場合は、現金売上と、それ以外のクレジットや電子マネー等の売上と大きく分けて2種類があります。


現金売上は、1日分ずつ封筒に入れておくなどして、定期的に入金用の口座に1日分ずつ預入していきます。
通帳に行が分かれて1日の売上分ずつ記載されますから、その通帳に何月何日分かわかるようにメモをしていきます。


このようにしていくと、通帳を見ただけで、1日単位で売上がいくらあったのか把握することができます。
その他のクレジットカードや電子マネー等の入金もこの口座に指定しておきます。

2.2つ目の銀行口座(支出用)

飲食店を経営する場合に、材料仕入れの支払い、人件費の支払い、広告宣伝費の支払い、水道光熱費の支払い、家賃の支払いといった具合に、毎月支出があります。


これらの支払いは全てこの支出用口座で行うようにします。
支出用の口座は、このように支出に限定して使いますので、当然、お金はなくなります。


入金用の口座から、月に1回か2階、決まった金額を振り込んでおくようにすると、お金がなくなることはありません。


支払先は、先方指定の口座に振り込むことになります。
同じ金融機関同士ばかりなら良いのですが、そうもいきませんから、当然、毎月必要になる銀行の手数料もかなり大きくなります。


そのため、この支出用の口座はネットバンクを利用する方も多いです。

融資として借り入れたお金の返済もこの支出用口座から行います。
ただ、ここで注意が必要なのですが、日本政策金融公庫の返済についてはネットバンクからはできません。


ネットバンクを支出用とする場合は、日本政策金融公庫への返済については、別の銀行口座から支払うようにする必要があります。

3.3つ目の銀行口座(税金支払用)

個人事業主として開業すると、所得税、住民税といった税金の支払いをしなければなりません。
また、個人事業主であっても、売上が1,000万円を超えた年度の2年後からは消費税も納めなくてはならなくなります。
3つ目の口座はこうした税金の支払い用にしておきます。

特に消費税については、最初から売上の10%を税金支払用の口座に移しておき、そのお金を使うことなく事業活動ができるようにしておきます。
消費税は、もともと、預かっておいてまとめて納税します。


しかも、1,000万円以上から、10%となると、かなり大きな金額となりますから、別に管理しておかなくては、納税時に慌てることになります。

消費税は創業時からすぐに納付しなければならないわけではありません。
しかし、預かっているという意味合いの消費税を使わないと営業ができないようであれば、それは、価格設定に問題があります。メニューの料金設定を見直すようにしましょう。


また、仕入原価やコストがかかりすぎているようなら、そちらの見直しもします。

4.事業とプライベートは区別する

個人事業主は、プライベートの用の通帳は、事業用の通帳は、必ずわけるようにしましょう。
混ぜてしまうと、管理が非常に難しくなります。


個人用と事業用を分けておかないと、確定申告用の帳簿付けが非常に面倒になります。
確定申告は事業の収支を報告しますから、プライベート分は当然、報告が不要です。


事業用とプライベートの支出が両方含まれている通帳を使用していたら、帳簿をつけるときに、一つ一つ、確認しなければならなくなります。


はじめから通帳を分けておけば、そのような時間と手間を省くことができます。
また、事業用の口座については、通帳を一定期間保管する義務もあります。
事業用と個人用を分けていなければ、税務調査があった場合に、見せなくてもいいプライベート分までみせることになってしまいます。

事業用の口座は、屋号で口座を作っておくと、プライベートと事業を区別していることが取引先にも一目でわかりますから、信頼感を与えることもできます。

事業を始めるときに、最初から事業用の口座を3つ用意します。
途中から口座を増やすと、口座変更の手続きが煩雑になりますので、最初から目的別に分けておくことをおすすめします。

実は、銀行で口座を作るとき、一人で複数の口座を作ることは難しくなっています。


しかし、銀行の窓口担当の方に、入金専用口座、支出専用口座、税金を貯めるための口座とするため必要であることを説明すれば作成も可能です。


別の銀行にしてしまうと、口座間の資金移動にも手数料がかかることになりますし、複数の金融機関をめぐって、月々の手続きをするというのも煩雑です。
ATMに何冊もの通帳を持って延々と記帳や入出金を繰り返している人を見かけますよね。


できるだけ効率的に事業用のお金の管理ができるように、戦略的に口座を管理することを考えてみましょう。

まとめ

個人事業主は、事業用の口座は、一つではなく、複数を上手に使い分けることが肝心です。
それも、事業を始めるところから、分けておくようにしておくと、その後が楽です。


特に、消費税については、そのお金は預かっている意味合いのお金ですから、使わなくても事業ができるような意識を強めるためにも、別の口座で管理しておくことをおすすめします。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる