投資回収の判断には、損益分岐点をグラフで理解!

損益分岐点というのは、経営上、欠かせない分析の一つです。
費用(Cost)、営業量(Volume)、利益(Profit)の関係を利用したCVP分析で計算できます。


そういった計算となると難しそうというイメージがつきものですし、数字は苦手という方もいらっしゃると思いますが、グラフを用いてイメージで理解してみましょう。


損益分岐点の分析ができれば、今後どのように経営をしていけばいいのか、数値目標をたてやすくなります。

1.損益分岐点とは?

損益分岐点というのは、その言葉のとおり、損失と利益が分岐する点のことです。
経営管理に重要な指標です。
どれだけ販売すれば利益が出るようになるのか、また、金額の場合、いくら以上の売上があれば利益が出るのかを具体的に知ることができます。

2.費用の種類とは?

損益分岐点を計算するには、費用が関係してきます。
費用とひとことで言っても、実は営業量に比例して増えていく変動費と、営業量に関係なく一定額派生する固定費とがあります。


この二つを意識して区別しておくと、売上の増減に伴って変化する利益を把握しやすくなります。
経営においては、この変動費と固定費を区別する考え方は、とても大切なものになります。

(1)変動費とは
変動費というのは、営業量の増減によって比例的に発生するコストです。
営業量が増えれば増えるほど変動費も増えていきます。
例えば商品やサービスの仕入れにかかる仕入原価、そして消耗品といったものがあります。
これらは、売上が増えるほど一定の割合で増えていきます。

(2)固定費
固定費というのは、営業量の増減に関係なく一定額発生するコストです。
例えば従業員の固定給や、家賃、設備などの減価償却費です。
これらは売上が多くても少なくても、一定額が発生します。

3.変動費と固定費の分け方

固定費と変動費というのは、区別して管理すると良いのですが、いざ会社内のコストを全て変動費と固定費に分解しようとすると、かなり手間がかかります。
その方法にはいろいろありますが、一般的には、直接的に発生している変動費を対象として、目安として損益分岐点を分析します。

4.限界利益とは?

限界利益とは、損益分岐点分析において出てくるもので、売上高から変動費を差し引いた駅のことです。
限界利益とは貢献利益と呼ばれることもあります。


売上代金を回収したら、比較的すぐに支払う必要のある変動費の支払いにあてられます。
変動費を回収した残りで、次に固定費を回収していきます。
そして、固定費を全て回収してさらに残りがあれば、これが利益となります。
限界利益というのは、固定費を除いて変動費のみを考慮した利益ですので、経営上よく活用されるものです。


事業をされていたら、言葉は知らなくても、こういった考え方はしているのではないでしょうか。
固定費は、決まった金額ですので簡単に変えることはできません。


ただ、変動費については、自ら管理することが可能なコストですので、把握することで利益を増やす対策をすることができます。

5.損益分岐点を計算する

損益分岐点は、コストを変動費と固定費に分解しておけば、次のいずれかの式で求めることができます。
 ① 損益分岐点(売上高) = 固定費 ÷ 限界利益率

 ② 損益分岐点(販売量) = 固定費 ÷ 単価あたり限界利益率

限界利益率は「1-変動費率」で求めることができます。
つまり、売上高に対する限界利益の割合です。


単位あたり限界利益は、商品やサービスの1単位あたりの限界利益です。
損益分岐点は、固定費を限界利益率や、単位あたりの限界利益で割ることで算出できます。

6.損益分岐点をグラフでイメージする

損益分岐点を式で見ても、なかなか理解するのは、難しいものです。
営業量と売上高の関係をグラフにして見てみると理解しやすくなります。

例えば、定食屋を開業して、ランチを1,000円で販売します。
ランチの原価を400円として、設備や諸経費で固定費が月々20万円、年間で240万円かかるとします。

まずは、売上高の推移をグラフにします。
販売量を横軸、売上高を縦軸とします。
このとき、売上高については、45度で作成するようにします。

次に、このグラフに原価のデータを入れていきます。
まずは、先に回収しなければならない変動費の線を加えます。
ランチの原価に対して、変動費率は40%です。
 変動費率は、400円÷1,000円=40%で計算します。

このグラフで売上高から変動費を回収した残りが限界利益となります。
下のグラフの黄色の部分が限界利益です。

ここに、次に回収する固定費線を加えます。
固定費は240万円で、販売量に関係なく一定額発生します。
そのため、固定費線は、変動費線に対して平行になる特徴があります。

損益分岐点は、売上高と総原価が等しい点になります。
つまり、売上高と変動費+固定費が重なる点です。
この地点を超えると利益が出ます。
逆に、損益分岐点を下回ると損失が発生しているということになります。

このグラフをよく見てみると、損益分岐点というのは、固定費の金額と限界利益が等しくなる点でもあります。
そこで、損益分岐点は次の式で求めることもできます。
  売上高 = 変動費 + 固定費
⇒ 売上高 = 変動費 + 固定費
⇒ 売上高 - 変動費 = 固定費
= 限界利益 = 固定費

損益分岐点では、固定費=限界利益となります。
つまり、このケースで損益分岐点は次のようになります。


売上高100%に対して、原価利益率が60%ですので、損益分岐点売上高は240万円÷60%=400万円です。
また、固定費240万円を1食600円(1,000円-400円)ずつ回収するので、損益分岐点販売量は240万円÷600円=4,000食となります。

まとめ

損益分岐点を計算することができたら、コストを全て回収できるには、どれぐらいの営業料があればいいのか、最低限必要な売上はいくらかを知ることができます。
そのようにして、具体的な目標数値を出すことができやすくなります。
そのようにして、あとどれだけ販売すればいいのか、売上高ではいくら必要なのかが具体的にわかります。
そのため、経営において損益分岐点は戦略を立てるために欠かせない指標ということになります。
この指標を活用して利益を管理していきましょう。

株式会社アンチテーゼ

とにかく勝てる融資サポートをいたします。

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談する!