日本政策金融公庫の審査は厳しいって本当?

日本政策金融公庫の審査は厳しいとか、甘いとか、いろいろな噂があります。
ここでは、そんな日本政策金融公庫の審査の厳しさについて、どう捉えたらいいのか見ていきたいと思います。

1.準備の出来具合で印象が違う

日本政策金融公庫の審査が厳しいか、甘いかは、当然人によって印象が異なると思います。
ただ、しっかりと計画的に準備を進めてきて融資を申し込んだのであれば、融資を受けることができる可能性が確実に高くなります。


そのため、準備をしっかりしてきた方にとっては、想像していたよりも審査が甘かったような印象を受けたかもしれません。
当然、準備がしっかりできていない場合は、融資を受けることができませんし、審査が厳しい印象となります。


融資の担当者は、本気度を見ますから、しっかりと計画を立てている人に対しては、評価が良くなりお金も貸してくれます。
しかし、思いつきや、勢いで事業を始めようとしているとか、しっかりと計画できていないということは必要な準備ができていないので事業が成功しない可能性が高くなります。


そうなると貸したお金を返してもらうことができませんから、お金を貸すリスクが高いと判断しお金を貸してくれることはありません。

2.金融機関の役割とお金の借りやすさ

日本政策金融公庫は、もともと一般の金融機関からお金を借りることが難しい個人事業主や中小企業に融資をして支援することを目的としています。
民間の金融機関は、やはり利益を得ることが優先されますから、大企業に比べて少額の融資は、そもそも利益が少ないですし、その上、貸し倒れリスクが高いですから、積極的に融資をしようとしません。


そのため、日本政策金融公庫が最もお金を借りやすくなっています。
その次にお金を借りやすいのは、信用金庫や信用組合です。
これらは、地域経済の発展のために地域の組合員を支援することを目的としていますから、銀行よりも事業に対して融資を受けやすくなっています。


そのため、個人事業主や中小企業にとって融資の受けやすさでいくと
①日本政策金融公庫
②信用金庫・信用組合
③地方銀行
④都市銀行
こういった順番になります。
そのため、日本政策金融公庫は他の金融機関からお金を借りやすくなっているため、審査が甘いと感じる方も多くなっています。

3.融資に必要な準備とは?

日本政策金融公庫で融資を受けるために、準備ができていれば融資が受けやすいといっても、どのような準備をすればいいのでしょうか。
必要な準備のいくつかをご紹介しましょう。


①開業予定地を決める
店舗や事務所を構えるのであれば、候補物件を見つけ、契約もしくは仮押さえします。
その物件で事業をすることを前提に融資の審査が行われます。
全く候補の物件がない場合は、準備ができていないので融資は通りません。
また、いいなと思う物件を見つけただけで契約や仮押さえできていなかった場合、融資はその物件を条件に審査されますから、その審査の間に物件を他の人に取られてしまうこともあります。
そのような場合、融資にせっかく通ったとしても、物件を取得できなければ、融資はなかったことになってしまいます。

②必要な売上高が計算できている
売上の見込みや、必要経費など、具体的に把握し、シミュレーションしておく必要があります。
売上から、かかる経費を差し引いた残りで、融資の返済をし、さらに自分の生活に必要なお金を確保する必要があります。
十分な利益が確保できる見込みを明確にします。
それも、しっかりと周辺の情報のリサーチを行い、根拠のある数字を使います。

③自己資金を準備する
融資を受けるには、自己資金が準備できていることが欠かせません。
最低でも100万円は準備します。
業種によっては、開業に1,000万前後の開業資金が必要となります。
その場合は、自己資金が300万円あると、融資を受けられる可能性が高くなります。
自己資金を計画的に貯めることができるというポテンシャルを示すことができれば審査でプラス要素となります。

その他、開業に必要な許認可や資格の取得であったり、設備投資をするのなら見積もりを取っておく等、準備すべき項目はたくさんあります。
準備から時間をかけて計画的に行う必要があります。
ここでしっかりと準備することで、融資の審査も甘く感じますし、実際に事業を始めてからも経営が順調にいく可能性が高くなります。

注意が必要なのは、インターネット上で誤った情報が出回っていますので、そういった情報を信じないということです。


例えば、日本政策金融公庫は、個人のクレジットカードの事故情報など、信用情報をチェックしないという情報もあります。
信用情報をチェックしないなどということはあり得ません。
自分にとって都合がいい情報を信じたいという気持ちが働くかもしれませんが、そういった間違った情報を信じて、取り返しのつかない状況に陥らないようにしましょう。

まとめ

日本政策金融公庫の審査が甘いとか、厳しいというのは、結局、その人がしっかりと準備をしてきたかどうかに左右されます。


計画的に周到に準備をしておけば、審査を甘く感じるというだけのことです。
個人事業主や中小企業を支援する目的で日本政策金融公庫があるからといって、誰にたいしても融資の審査が甘くなるということはありません。


準備をしっかりするということは、結局、自分の事業が成功することにつながりますから、専門家に相談するなどして、必要な準備をし、日本政策金融公庫から融資を受けられるようにしておきましょう。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる