作っておくと安心なのか?カードローンのメリット・デメリットとは?

日常生活において、急にお金が必要になることがあります。
お金を借りないといけないとしたら、欲しいものがあるとか、旅行に誘われたから行きたいとかといった自分の欲求を満たすための理由があるでしょうし、また病気やケガで入院する、家や車の修理代、会社都合での引っ越しが発生したといった具合にやむを得ない突発的なこともあります。


そういったときにカードローンであれば、最低限の条件をクリアしていればお金を借りることができます。
お金の必要な人にとって強い味方といったところですが、使い方によっては非常に苦しめられる要因になる可能性もあります。
ここでは、カードローンのメリットやデメリットを中心に見ていきたいと思います。

1.カードローンのメリット

最初にカードローンのメリットを見ていきます。

(1)比較的誰でも借りやすい
カードローンは、住宅ローンやカーローンとは異なり、お金を借りるための条件が最低限の項目となっていますから、比較的お金を借りやすくなっています。
その条件とは、次のようなものです。
・20歳以上66歳未満
・アルバイトを続けているなどで定期的な収入がある
・複数の借入をしていない

この条件を見ていただいたらわかるとおり、成人であれば学生やパートをしている主婦、そして定年後にアルバイトをしている方であってもカードローンを利用することが可能です。

(2)何度でも利用できる
カードローンは、1度審査を通過し、ローン専用のカードが発行されると、それぞれの方に対して設定されている借入限度額以内であれば何度でもお金を借りることができます。
例えば、借入限度額が50万円だったとします。
すでに30真年を借入している場合、遅延なく毎月返済していれば、50万円に到達するまで、つまりあと20万円を続けて借入することができます。
さらに、最初に借入をした30万円のうち、半分の15万円を返済すれば、その分、改めて借入をすることができます。

(3)最低金利(年利)がキャッシングよりも低い
クレジットカードのキャッシング機能と比較して,カードローンは通常、最低金利が低く設定されています。
例えばクレジットカードのキャッシングの金利は、お手持ちのクレジットカードで確認してみていただきたいのですが、18.00%に設定されていることが多いです。
カードローンの場合は、最低金利が、1%台から高くても4%です。
これまで、カードローンを申し込んだことのない方にとっては、意外と低いと思われるかもしれません。
お金を借りたい場合、クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるより、カードローンの方が低い金利で借りることができます。

(4)無利息期間がある
カードローンのサービスとして、無利息期間があるカードがあります。
CMで見かけたこともあるかもしれませんが、最初の1週間は全くの無利息というようなカードがあります。
無利息期間のあるカードローンで有名なのがノーローンですが、プロミス、レイク、アコムといった大手消費者金融系のカードローンも無利息期間を実施しています。
ただ、無利息サービスにも条件があり、キャンペーン期間に限定されていたり、メルマガ登録が必要であったりと、各社異なっていますので、事前に条件を確認してから利用するようにしましょう。

(5)返済手段が簡単
お金を借りたら返済しなければならないのですが、カードローンは、その返済が容易にできるようになっています。
返済はコンビニにあるATM、銀行振込、口座引き落とし、ネットバンクと、様々な方法で返済することができます。
そのため臨時の収入があった際に返済額を増額することも簡単にできます。

2.カードローンのデメリット

次にカードローンのデメリットを見ていきましょう。

(1)自分の貯金のように感じる
カードローンはカードが手元にあれば、気軽にお金を借りることができます。
そのため、あたかも自分の預金口座から引き出しているかのように感じてしまうケースもあるようです。
いくら手軽に、自分の預金を引き出すように簡単にカードローンを利用できるといっても、あくまでもカードを使った借金であることを強く意識しなければなりません。
計画的な利用ができなければ、気がついたときには大変なことになります。

(2)利息が低いので借りすぎてしまう
カードローンは、キャッシングと比較しておわかりのとおり、低金利でお金を借りることができる仕組みです。
あまりに利息が低いので、ついつい少額ずつ借りる回数が増えていき、借金が膨らむ方もいます。

3.カードローンの向き不向き

カードローンは上手に利用すれば、低金利で時間や手間がかからずお金を借りることができます。
しかし、カードローンを利用するのに向いている人と、そうでない人がいます。
カードローンに向いている人は、これまでにクレジットカードが遅延なく返済できていて、普段から生活費をきちんと把握して管理できている人が向いています。


こういう方が、突発的にお金が必要になった場合のみカードローンを利用するのであれば、理想的な使い方になります。
逆に、自分の収入と支出のバランスを知らないで、安易にお金が足りないときにカードローンを利用しようと思われるような方は、カードローンには向いていません。
安易にカードローンに申し込んでしまわない方がよく、カードローンを利用するとしても、借入限度額を低めに設定するなど自己防衛をしておく必要があります。

まとめ

カードローンについては、メリットとデメリット、どちらかに印象が偏っている傾向が高く、安易に使い過ぎてしまう人もいれば、必要以上に恐れて利用できないでいる人もいます。
クレジットカードのキャッシング機能よりも低金利ですし、何度でもお金を借りることができるという利便性を生かすこともできます。


カードローンの仕組みや、メリットとデメリットを知って、計画的に利用するようにしましょう。
カードローンは別に用途を限定されていませんから、事業資金としても利用できますが、事業資金としてお金が必要となった場合は、日本政策金融公庫での借入がおすすめです。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる