JBAとは?

JBAと聞いて思い浮かぶのは日本バスケットボール協会でしょうか?それとも全日本大学準硬式野球連盟でしょうか?

確かに検索上位ですが、ここでテーマにしていきたいのは信用情報機関のうちの一つであるJBAです。

事業融資を検討される方にとっては、信用情報も審査基準の一つとなりますので、このJBAについて見ていきます。

1.JBAは銀行系の信用情報機関

信用情報機関とは、個人の信用情報を保持・運営する機関です。

信用情報というのは、お金の貸し借りに関わる情報で、各種ローン、クレジットカード、キャッシング等の利用履歴です。

JBAは銀行などの金融機関が集まってできた信用情報機関です。

正式名称を全国銀行個人信用情報センターといい、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が設置、運営しています。

信用情報機関は、他にも消費者金融系のJICC、クレジットカード系のCICがあり指定信用情報機関に認定されています。

この三つの信用情報機関はCRINと呼ばれる情報交流を実施しています。

各機関に登録されている延滞、代位弁済などの情報や本人申告情報の一部を相互に利用することができるようになっています。

金融機関やクレジットカード会社等は、ローンやクレジットといった新規契約の際にはこの情報ウを利用して与信取引の判断をしています。

2.指定信用情報機関とは?

指定信用情報機関は貸金業法という法律で定められています。

この貸金業法で有名な規則に「総量規制」があります。

これにより銀行系の記入期間からは年収の3分の1以上は借りれないという取り決めになっています。

また平成22年の貸金業法の改正により多重債務や破産者を減らすために、消費者金融でも信用情報の確認をするように指導されています。

3.信用情報にある情報は?

信用情報というのは、ざっくりと言うと、金融機関がお金を貸す相手を信用してよいかどうかを判断するための情報です。

クレジットカード発行の申込みの記録、クレジットカードの利用履歴、クレジットカード利用代金の滞納や支払い遅延の履歴等が管理されています。

残滓を整理した任意整理、自己破産といった情報も信用情報機関は持っています。

こうした悪い情報は、他人に知られたくない情報だと思います。

4.JBAの特徴とは?

(1)信用情報の保持期間

信用情報の保持期間は、信用情報機関により若干ことなります。

JBAでは比較的長めになっています。

申込みは6カ月ですが、延滞情報、任意整理、特定調停は5年となっており、自己破産と個人再生にいたっては10年となっています。

申込みの情報まで保持されているのが、意外に思われるかもしれませんが、多重申込みも信用情報がブラックであると判断されます。

あまりにも多く、例えば何十枚もカードを申し込む場合、返済に困って次々とカード申込みをしているかもしれないと評価されます。

(2)本人開示方法

信用情報機関には、どのような信用情報が登録されているか、本人であれば申請して開示してもらうことができます。

銀行のローンや、日本政策金融公庫の融資をうける場合には、事前に開示請求して内容を確認しておくと良いのですが、JBAは手続き方法が郵送のみとなっています。

他の信用情報機関はWebでも申請できることと比べて手続き方法が限定されています。

通常、1週間から10日ほどで開示報告書を送ってもらうことができます。

(3)登録情報開示報告書

JBAから送られてくる登録情報開示報告書は、その見本と見方については、JBAのウェブサイトに記載されていますが、そのポイントだけご紹介します。

まず、残債額・入金区分履歴ですが、こちらは履歴が最大2年分表示されます。

そのため、いくら借入が残っているかの金額と、返済がきちんと行われているかが記号で示されています。

記号の意味は次のとおりです。

○:請求を受けた金額の全部またはそれ以上の入金があった

△:請求を受けた金額の一部の入金があった

×:請求を受けた金額の入金がなかった

P:請求を受けた金額について、事情により入金がなかった

※例えば、クレジットカードの分割払いで購入した商品に問題がある場合に、返済する資金はあるが、返済を停止した場合

-:請求がなかった(請求はないが、入金があった場合を含む)

これに続いて、返済区分・延滞快勝日・完了区分が記載されていますので、ここから、契約から返済、そして契約終了、その後の状況が判断できます。

完済や解約で契約が終了した場合は「完了」となり全く問題ない状態です。

これが破産した場合は「強制回収手続」と記載されます。

まとめ

信用情報機関の一つである銀行系のJBAについて見てきました。

金融商品を何か申し込む場合や、新しくクレジットカードを発行する場合、こうした信用情報は必ず確認されます。

できるだけ、信用情報はクリーンな状態にしておき、新規の申込みを行うようにしましょう。

独立して融資を受けて起業しようと思われる方は、特にこの情報の保持期間に注意して、クリーンな状態をキープできるようにしておく必要があります。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる