資本金の相場はいくらぐらい?資本金はいつから引き出せる?

会社を設立する際、資本金額をいったいいくらにしたらいいのか?

現在の会社法上、資本金1円でも会社を設立することはできます。

とはいえ、やはり、相場は気になります。

ここでは、そんな資本金の相場とその扱いについて見ていきます。

1.資本金とは?

資本金とは、会社設立時の開業費や運転資金を意味するお金です。

また同時に、会社がある程度まとまったお金を持っていることを対外的に示すことができます。

資本金額は基本情報として公表しますから、取引先評価等、会社の規模や実力を判断する際にも利用されます。

資本金については会社法に定められており、事業主が自由に決めることができます。

平成18年の会社法施行に伴って、最低資本金制度が撤廃されたため、現行法上は、資本金1円でも株式会社を設立することが可能となっています。

2.資本金の相場

日本にある会社のほとんどが中小企業です。その中で約9割の事業者は、小規模事業者です。

小規模事業者は、常時使用する従業員の数が5~20名以下で、資本金は業種により異なり製造・建設・運輸業で3億円以下、卸売業で1億円以下、サービス・小売業で5,000万円以下と定められています。

日本の会社の多くが小規模事業者ですから、資本金の相場を見る場合、小規模事業者の資本金の平均を見ることになります。

小規模事業者の平均的な資本金の額は1,000万円となっています。

1,000万円というと、高額な印象を受けますが、資本金が1,000万円を下回ると、対外的な信用や評価が下がってしまう恐れがあります。

3.資本金300万円の事業者も多い

実は、資本金の額によって税金の額が密接に関わっています。

例えば、消費税は、会社設立時の資本金が1,000万円以下であれば、零細企業と判断され、第一期・第二期の納税が免除されます。

また、法人住民税においては、均等割の部分で、資本金が1,000万円未満の会社と1,000万円を超える会社では納税額に差が出てきます。

こうしたことから、できる限り節税をしようと思うと、あえて資本金を1,000万円までの額で、例えば300万円や500万円といった少額で設定する会社も多くあります。

4.資本金は少なすぎると倒産しやすい?

資本金が少ない会社は倒産するのも早いと言われています。

実は、中小企業白書という中小企業庁の統計からその傾向が見てとれます。

事業を行ってると、予期せぬ支払いやトラブルはつきものです。

その際に、資金があればそれを乗り越えて経営を安定させることもできますが、資金がなければ、どうもすることができません。

起業する際に、予備のお金を準備しない事業者も多く、起業する事業者も多いが、廃業する事業者も多いという状況にあります。

資本金が少なく、自己資金もないといった状態で事業を行うと、トラブルを一つ乗り越えたとしても、その後のトラブルですぐ事業を継続することができなくなってしまいます。

5.資本金が必要なタイミングは?

資本金は、会社設立前に用意します。

そのため、まず、資本金は会社を設立する人(発起人)個人の銀行口座に預け入れます。

資本金を銀行口座に預け入れる、または振込が完了したら、「払込証明書」を作成します。

これは、銀行からもらうといったものではなく、自作で公的に使用することができます。

発起人から会社に対する払込が確かになされたということを代表取締役が証明する書類です。

払込証明書に記載すべき事項を、A4の用紙にワード等文書作成ソフトで作成します。

記載項目は、タイトル(払込証明書)、払込を受けた金額の総額、設立時発行株式数、1株の払込金額、年月日、会社本社の所在地、会社名(商号)、代表取締役氏名です。

必要項目をすべて記載したら会社代表印押印します。

払込証明書と通帳のコピーをまとめて法務局に提出します。

6.資本金は必要時に引き出せる?

こうして、会社設立の登記をするのですが、登記完了後、個人口座に入れている資本金は、会社用の法人口座に移動します。

これは、登記を終えるまで法人口座を開設できないため、登記後に法人口座に移動するという手順になります。

その際に、一部のお金を会社の運転資金に使っても問題はありません。

もともと、資本金というのは、会社の設立時に使うための開業資金という意味も規定されています。

資本金を会社運営のために使っても全く問題ありません。

ずっと資本金はその全額を保持しなければいけないというわけではなく、減った分を補充しなければならないというものでもありません。

7.資本金の見せ金とは?

定めた資本金の額を用意できず、全てをカードローンやキャッシングで賄おうとされる方もいらっしゃいます。

資金を準備する方法について法律に規定されていませんから、別に問題はありません。

そして、そのカードローンやキャッシングで借りたお金を資本金として、その資本金を引き出して会社の運転資金にすることもできます。

ただ、会社設立後、すぐに資本金を引き出し、カードローン会社やクレジット会社に返済することは、法律上「見せ金」という行為に当たると判断されます。

見せ金が発覚すると、会社法による罰則が適用される場合があります。

資本金が見せ金と判断できる場合、日本政策金融公庫などの事業融資も利用できません。

まとめ

資本金の相場として最低ラインは300万円で、平均的なところでは、1,000万円から3,000万円です。

資本金は、ずっとそのまま保持しておく必要はありません。

会社運営に引き出して使うことができます。

もちろん、その際は領収書などの書類を管理します。

資本金額は自由に設定できますから、対外的な評価、税金対策含め総合的に判断しましょう。

株式会社アンチテーゼ

日本政策金融公庫でのサポート実績多数
他社の対応と比べてみてください

  • 無料相談
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

今すぐ無料で相談してみる