エンジェル投資家とは?事業資金を投資してくれる人に出会う方法

エンジェル投資家とは?事業資金を投資してくれる人に出会う方法

起業を考えている人にとって、資金調達の方法として、投資してもらうことを考える方も多いです。
というのも、実績がなければ金融機関からお金を借りることも難しく、創業前や創業後すぐの場合、融資で資金調達をするのは簡単ではないからです。
そこで、個人で投資を行っている投資家からお金を借りるということを検討します。
最近では、創業間もない起業家にお金を出資してくれるエンジェル投資家がマスコミで紹介されることもあり、認知度が高まっています。
ここでは、そんなエンジェル投資家からお金を借りるということ、そしてその注意点について見ていきます。

1.エンジェル投資家とは?

エンジェル投資家とは、ビジネスエンジェルとも呼ばれています。
創業後間もない企業に対し資金を供給する裕福な個人のことです。
多くの場合、投資の見返りとして、株式や転換社債を受け取ります。
起業を成功させるには、資金と経営力が必要ですが、創業間もない企業は、その両方が不足し、苦労します。
エンジェル投資家は、資金援助を行うだけでなく、経営力を高めるための支援も行ってくれます。
まさに、天使のような存在だということが名前の由来といわれています。

2.ベンチャーキャピタルとの違いは?

ベンチャーキャピタルは、2億円から3億円規模と、大口の投資が主流ですが、エンジェル投資家は、数百万円から2千万円前後と、比較的少額の場合が多いという特徴があります。
また、エンジェル投資家の方が個人であるため、出資可否の判断期間が短いという特徴もあります。
金融機関からお金を借りるのは、融資ですから、その融資額に利子をつけて金融機関に返済します。
ところが、エンジェル投資家が行うのは投資です。
そのため、企業はお金を投資家に返す義務はありませんが、そのかわりにエンジェル投資家は企業の株式を取得します。
エンジェル投資家は、投資した企業の事業が成功すれば、大きなリターンを得ることができますから、自身の豊富な経験に基づくアドバイスを行います。
また、エンジェル投資家の人脈を活用した支援を受けることもできます。

当然、いいことばかりではなく、エンジェル投資家の支援にはリスクもあります。
エンジェル投資家が経営に口を出し、思ったような経営が出来なくなることもあります。
また、投資の見返りとして株の所有率を高く出された場合、創業者の持ち株比率が低くなってしまいます。

3.エンジェル投資家から支援を受けるには?

エンジェル投資家から支援を受けるには、まずは、出会い、事業の魅力を伝え、出資するに値すると認めてもらう必要があります。

(1)出会い
エンジェル投資家に出会うには、マッチングセミナーに参加したりマッチングサイトを活用するという方法があります。
ただ、マッチングサイトも、なかには運営がしっかりしていないところもありますから、しんらいできるマッチングサイトを選び、利用しましょう。
また、マスメディアで紹介されている情報を収集し、直接連絡するという方法もあります。
そのほか、クラウドファンディングを利用し、多くの人の共感を得るという方法もあります。
クラウドファンディングで出資をしている人の中には、多額の資金を持つ投資家もいます。

(2)準備
将来性があり、実行性のあるプランを作成するのは、金融機関に融資を申し込む場合と同じです。
その事業の目的、社会的なニーズや背景、将来性、収益性、投資のリターンといったことを根拠を示しながら組み立てていきます。
ただ、同じビジネスプランだとしても、その伝え方次第で、投資してもらえるかどうかが決まる面もあります。
必要な情報を投資家に対してわかりやすく伝える力は必ず必要ですので、プレゼンテーション力を磨きましょう。
練習をすることで、プレゼンテーション力を向上させることはできますから、周囲の人に協力してもらったり、自分で動画を撮影したりします。

(3)自己分析
エンジェル投資家は、ビジネスプランそのものも、当然投資の判断材料ですが、起業家自身が、そのプランを実行できる実力があるか、信頼できる人物かというところも見極めます。
起業家として求められる資質にはいろいろありますが、自分の強みが何か、周囲を巻き込む力はあるか、強い意志はあるか、自身を見つめ強みを生かすことを考えていきます。
応援したくなる人とは、どんな人なのか、そこに近づくことができるように考えていきます。

(4)税制優遇対象となるベンチャーを目指す
こうしたエンジェル投資家が増えたのは、企業応援税制という条件を満たすエンジェル投資家とベンチャー企業向けの減税措置を実施しているという背景もあります。
エンジェル投資家に投資してもらうには、この減税措置の要件を満たすベンチャー企業になるというのも有効な方法です。
そのエンジェル税制の対象要件については、中小企業庁のWEBサイトに詳しく掲載されています。

4.エンジェル投資家以外からの資金調達方法
(1)ビジネスプランコンテストへの応募
資金調達には、ビジネスプランコンテストに応募し、優勝賞金を得るという方法があります。
全国各地でこうしたビジネスプランコンテストは各種開催されています。
高校生向け、大学生向け、女性向けといったものもありますし、このビジネスプランコンテストは、マスメディアに取り上げられることも多いです。
また、自治体等の公的機関や業界団体が主催するものは、WEBサイトで紹介されます。
こうしたビジネスプランコンテストで、表彰されると、融資を受ける際のアピール材料になります。
エンジェル投資家が、こういったコンテストの優勝者をチェックしているという可能性も多いにあります。

また、こうしたビジネスプランコンテストは、結果だけでなく、出場者のビジネスプランも公開されています。
他の人のビジネスプランは、自身のビジネスプランをブラッシュアップするために非常に参考になります。

(2)起業家コミュニティの活用
起業家の知り合いで情報交換をするということも非常に有効です。
資金調達の経験談など、生の情報を得ることができます。
起業家のコミュニティに参加し、様々な方との話を聞いたり、発信したりするということをしてみましょう。
貴重な情報を得ることができますし、仲間がいるというのも心強いものです。

まとめ

事業資金の調達には、様々な方法があります。
日本政策金融公庫、その他の金融機関、ベンチャーキャピタル、そしてここで見てきたエンジェル投資家、それぞれの特徴を把握し、自分に合った方法を検討してください。
エンジェル投資家は自信が起業家としての実績もありますから、ビジネスプランを見る目はしっかりしています。
また、投資するからには、成功させたいと支援をしてくれる存在です。
いずれにしても、ビジネスプランが明確で、将来性があること、そしてそれを実行できる人物であるということは重要な要素です。

株式会社アンチテーゼ

~日本政策金融公庫でのサポート実績多数~
【他社で断られた方】
【自己資金が無い方】
【高額融資を希望の方】
多数の実績がございます

  • 無料診断
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

まずは無料で診断してみる