ベンチャー企業はどのような融資方法を選択している?

ITを生かしたベンチャー企業の活躍、いくつか見聞きしたことあると思います。

ベンチャー企業はアイデア次第で、低予算で起業することができます。

ただ、低予算のままでは事業を大きく成長させるにも限界があります。

ベンチャー企業で融資を受けるには、どのような方法が向いているのか見ていきます。

1.売上高1億円以上のベンチャー企業向けの追加融資

あくまで目安ではありますが、売上高1億円以上のベンチャー企業であれば、ベンチャーキャピタルからの出資を得られる可能性もあります。

(1)ベンチャーキャピタルとは?

近年、ベンチャーキャピタルから資金調達を行ったという情報にふれることもありますが、ベンチャーキャピタルとは何でしょうか。

ベンチャーキャピタルは、ハイリスクハイリターンの出資を行う投資会社です。

特に高い成長率を有する未上場企業に対して、投資を行います。

ベンチャー企業の株式などを引き受けることにより投資をし、その企業が株式を公開するなどした後に株式などを売却し、キャピタルゲインを獲得します。

ベンチャーキャピタルの出資決定は、一般的な金融機関よりも、スピード感があるという特徴があります。

(2)ベンチャーキャピタルの出資方法

ベンチャーキャピタルが資金を集める方法には2種類あります。

ひとつは、ベンチャーキャピタル自体が独自のファンドを持ち、複数の投資家から資金調達するという方法です。

もうひとつが、ベンチャーキャピタルが金融機関などからお金を借りて出資する方法です。

自らお金を借りてまで出資をするということは、そのベンチャー企業が上場すれば株価が値上がりするという確信があるということの裏付けです。

(3)ベンチャーキャピタルの投資タイミング

ベンチャーキャピタルといっても、実はそれらが投資するタイミングは、成長ステージにより得意とするところが異なっています。

まずは、シード期(Seed:種)という、ベンチャー企業の計画時期です。

立ち上げ期であるスタートアップを得意とするベンチャーキャピタルがあります。

その次の段階のミドル期、そしてレーター期(Later:後で)を得意とするベンチャーキャピタルもあります。

(4)ベンチャーキャピタル利用のメリット

ベンチャーキャピタルから一度融資をうけると、ベンチャーキャピタルから評価されているということでプラス要素となり、その後の資金調達がしやすくなります。

また、ベンチャーキャピタルは、提供資金を回収するためにも、事業提携先を紹介するなど、資金面以外でも支援をしてくれます。

そのほか、直接、役員の派遣などがあり、経営支援を受けることができます。

経営陣が若すぎて、経験が不足していると経営がうまくいきにくいため、ベンチャーキャピタルが保有するノウハウを提供します。

2.売上高1億円以上未満のベンチャー企業向けの追加融資

売上高が1億円に達しないとしても、起業してから順調に右肩上がりに成長しているのであれば、信用金庫での融資がおすすめです。

信用金庫というと、地元企業、しかも老舗を対象としているイメージがあるかもしれません。

しかし、信用金庫は、こうしたベンチャー企業向けの融資も積極的に行っています。

3.売上高が3,000万円から8,000万円ぐらいのベンチャー企業向けの追加融資

この場合は、日本政策金融公庫での融資がおすすめです。

日本政策金融公庫は、公的な金融機関であるため融資の利率も低めに設定されています。

また、民間の金融機関から資金調達の難しい企業の支援に積極的です。

売上が上がっているのであれば、そのほかの経営者の信用情報や、自己資金といった条件をクリアすれば審査に通る可能性もあります。

4.これからベンチャー企業を創業する場合の融資方法

ここまで、追加融資について見てきました。

新規に創業する場合の融資方法には、どのようなものがあるでしょうか。

(1)自己資金と経験があり、信用情報がクリーンである場合

日本政策金融公庫の融資制度がおすすめです。

新創業融資制度という、起業時から、起業から2年以を対象としている融資制度を使います。

その他にも新たな事業に挑戦する企業を対象としている新事業育成資金という融資プランもあります。

ただ、こちらの方が、成長新事業育成審査会の審査を通過していることという条件があり、ハードルが高くなっています。

(2)自己資金も経験もあまりないが、SNSが得意である場合

自己資金がなく、十分な経験がない場合、日本政策金融公庫からの融資は難しくなります。

ただ、Twitter、Facebook、LINEを利用し、積極的に情報発信できる方は、クラウドファンディングでの資金調達がおすすめです。

調達できる資金額は低めになりますが、友人のコネがあったり、集客力のある方であれば、数百万の資金調達ができる可能性があります。

(3)自分自身が高学歴、アプリ開発やサイト運営が得意である場合

自らのスペックが高い方は、エンジェル投資家から援助を受けるという方法があります。

高学歴で、IT系の開発スキルがある場合、エンジェル投資家のマッチングサイトを利用するなどし、個人投資家と出会い支援をお願いします。

エンジェル投資家は、元経営者である方が多く、その事業の成長性、将来性があると判断すれば、出資してくれますし、事業成功のための支援をしてくれます。

5.自己分析し、不足を補う

ベンチャー企業の資金調達がよく報じられています。

資金調達に成功したベンチャー企業は、それまでにさまざまな努力を重ねています。

自らの事業の特性や他社との優位性を分析し、資金調達方法を検討していきます。

条件の良さや、融資を受けやすいという情報に惑わされるのではなく、規模や成長ステージに合う方法を選ばなくては成功しにくくなります。

ただ、はじめからそれら資金調達の求める要件を満たしていることは限りません。

自己資金がないのであれば、自己資金を最低でも100万円貯める、経験が不足しているなら経験してから融資を申し込むといった具合に、まずは不足している要件を満たすことが重要です。

まとめ

ベンチャー企業は、そんなにお金をかけずとも起業しています。

起業時はそうだとしても、事業が成長するにつれ、資金調達は欠かせません。

また成長スピードを鈍らせることのないよう、短期間で、資金調達を行っていく必要があります。

最近では、ベンチャーキャピタル、信用金庫、日本政策金融公庫、クラウドファンディングと、ベンチャー企業が資金調達できる選択肢も広がっています。

いずれにしても、成長性があるか、将来性のあるビジネスモデルであり、実行できる能力があれば、融資を受けられる可能性があります。

株式会社アンチテーゼ

~日本政策金融公庫でのサポート実績多数~
【他社で断られた方】
【自己資金が無い方】
【高額融資を希望の方】
多数の実績がございます

  • 無料診断
  • 成功報酬型
  • 年間実績1000件以上
  • 事業計画書、収支計画書作成サポート

まずは無料で診断してみる